リロの留守宅管理 > 海外赴任・転勤ノウハウ > 帰国を機に自宅を全面リフォーム

「リロの留守宅管理」海外赴任・転勤ノウハウ vol.59
帰国を機に自宅を全面リフォーム

海外赴任・出張から帰国後、リロケーションされたご自宅で心機一転、新しい生活がスタート。そんなとき、リロケーション解約手続きの一環で、原状回復やハウスクリーニングなど を済ませたとはいえ、海外赴任・出張期間中、ご自宅から長く離れているほど、「自宅をもっとこうアレンジしたい」という思いも募るかもしれません。そこで、日本での新生活を機に、ご自宅のリフォームをお考えになってはいかがでしょうか。

リフォームプランの立て方

「成長した子どものために子ども部屋をつくりたい」「キッチンの使い勝手をもっと良くしたい」「太陽光発電やオール電化でスマートハウスに一新させたい」。まずは、そうしたリ フォームの希望やイメージをご家族で出しあうことからスタート。普段の生活のなかで気になる点があれば、ちょっとしたことでもリストアップし、検討していきましょう。

もちろん、建物の状況や予算、工期などによって、できること・できないことがありますので、リフォーム会社やハウスメーカーのプロの方々にご相談しながらすすめていくこ とが賢明です。すでにおつきあいのある業者がいれば、そこに依頼すると安心ですが、近年、リフォームニーズの拡大とともにリフォーム専門業者が増え、ハウスメーカーもリフォームやアフターフォローを充実させていますので、インターネットや知人の口コミなどを参考に業者を比較検討してみるとよいでしょう。

また、一戸建と違ってマンション等の集合住宅には、管理組合規約などでリフォームの制限がある場合がありますので、管理会社に相談のうえすすめていきましょう。

工事が始まってからの進捗確認も大切

まず業者の担当者から、設計プラン、設備・器具、インテリアコーディネート、見積もり、工期などの提案を受けます。設備・器具やインテリアなどの検討の際には、ショール ーム等にて実物を見て確認することがおすすめです。そうして納得したうえで、契約書を交わし、正式な発注となります。

実際の工事が始まっても、業者任せにせず、業者から工事状況の報告を受け、ときには現場に足を運んで進捗状況を直に確認することも大切です。コンセントの位置、家具の収 まり、棚の高さなど、気になるところがあれば遠慮なく業者に相談し、プラン変更を行う際には、追加予算の有無を確認のうえでリクエストしましょう。業者選びの際、こうしたきめ細かな対応をしていただけるかどうかも大切なポイントとなります。

リフォーム工事中の仮住まいを手配

リフォームの工期が長期に渡る場合には、工事期間中の仮住まいを手配する必要もあります。リフォーム業者が仮住まいの手配まで一括して対応してくれる際には、契約の際に 家賃などの確認も忘れずに行いましょう。また、仮住まい物件を専門に扱う不動産会社などもありますので、選択肢の一つとして検討してみることも手です。

リロケーションを経てご自宅に戻り、賢くリフォームすることで新生活をさらに充実させる。そうすれば、海外赴任・出張からの帰国がより楽しみになることでしょう。

サービスメニュー

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)