リロの留守宅管理 > 選ばれる理由

リロケーションインターナショナルの「リロの留守宅管理」が
選ばれる理由

  • リログループは、海外赴任サポート、福利厚生サービスなどで大手上場企業をはじめとした法人取引企業が1万社を超え、入居者の多くは大手企業の社員の方です。安心して大切な自宅を貸し出すことができます。

    一般の賃貸物件と同じように募集。期間限定で賃料が低いために低所得の入居者が入りやすい。

  • リロケーション・インターナショナル「リロの留守宅管理」は、リログループの1万社を超える取引企業や8,000店舗を持つ国内最大級の不動産ネットワークで入居者を探します。素早い入居者の決定で早期の賃料収入を実現します。

    入居者募集の独自ネットワークがないため、他の賃貸物件と競合し、低い賃料で決まってしまう。

  • 入居者との契約はすべてリロケーション・インターナショナルが行います。弊社が間に入ることで入居者との面倒な契約やトラブル対応、賃料や退去の交渉などの手間やリスクがありません。

    オーナー様自身が、契約の手続きをしたり、退去の交渉が必要になり、手間がかかる。

  • 一般的な解約通知は、6か月ですがリロケーション・インターナショナル「リロの留守宅管理」は、3か月前の解約通知が可能です。しかも、入居者の事情により明け渡しができない場合、解約期日の8日目以降は賃料相当額を支払うので安心。

    解約通知が6か月前のため、急な帰任に対応できない。明渡しされないときの保証もない。

  • リロケーションの賃貸期間中は、修理やメンテナンスで必要になった修繕費などを弊社が負担します。帰任した時も、きっちりメンテナンスがされているため、家が良い状態で戻ってくるので安心です。


    同一箇所1回5万円まで、リロが修理費用を負担

    修繕費は自費で負担しなければならない。本当に修繕が必要なのかも、チェックできない。

  • 基本契約期間の入居者決定後最低2年を経過した場合には、自動的に契約期間が延長されます。
    転勤や海外赴任の赴任期間が急に伸びてしまっても、自動延長だから、賃料収入が途絶えずに済むのです。

    延長が自動更新でないため、延長の手続きが必要になり、空白期間の賃料が入らない。