リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識

「リロの留守宅管理」
リロケーション基礎知識

vol.02: 急な転勤。持ち家をどうする?②

マイホームやマンションを個人に賃貸する場合、まず、間取りや築年数、地域ごとの相場などをもとに賃料を決めます。そして、入居者の募集です。安心して貸し出すことのできる入居者と出会うためにも……Read More

vol.03: “リロケーション”基本用語集

リロケーションを検討するにあたって、「ん?」と疑問に感じられる不動産用語が少なくないと思います。基本用語の意味を紐解いていきましょう。Read More

vol.04: 家賃収入にかかる税金はいくら掛かるか?計算方法と確定申告について

リロケーションによって月々の賃料収入を得る際、不動産所得として確定申告が義務付けられています。Read More

vol.05: リロケーション前の準備

リロケーションによって持ち家やマンションに入居者を迎えるにあたって物件の準備・点検が欠かせません。リロケーションに向けて、オーナーが行う必要のある基本事項を整理しましょう。Read More

vol.06: 海外赴任が決まったら、車はどうする?

海外赴任中の持ち家やマンションの有効活用にはめどがたった。でも、自家用車はどうすればいいのだろう……。海外赴任に向けた自家用車の扱い方について、ワンポイントアドバイスをご紹介しましょう。Read More

vol.07: 海外赴任お役立ち書籍

海外赴任にあたって、リロケーション、医療、子育て、言葉など、慣れない方にとっては不安もつきものだと思います。そんな方々の背中を心強く押してくれる、各分野のプロや海外赴任経験者が記した書籍を紹介します。Read More

vol.08: 海外赴任の基本準備&情報収集

海外へ渡航する際には、パスポート(旅券)やビザ(査証)の取得はもちろん、適切な予防接種を受けることも大切。さらに、現地の安全情報や生活情報も気になるところです。Read More

vol.09: 公共料金や携帯電話は大丈夫?

海外赴任に出発する前に忘れてはならないのは、暮らしにまつわる各種手続き。今回は電気・ガス・水道、電話、インターネット、郵便について……Read More

vol.10: 海外赴任でおすすめのクレジットカードや手続きについて

日本と勝手の違う海外赴任先では、どのようにお金を管理すれば安心なのか。お金に関する手続きや準備は、赴任先での生活に大きく関わるポイントです。Read More

vol.11: 海外への引越しアドバイス(準備編)

海外にどんな荷物をどう送ればいいのだろう。日本に残したい荷物もあるけどどうすれば……。Read More

vol.12: 海外への引越しアドバイス(発送・受取編)

海外引越しには、国内に比べて輸送や積み下ろし作業等による荷物破損の恐れがあり、入念な梱包が必要になります。家具や大型の電化製品、壊れ物など梱包が難しいものはプロである業者に任せると安心ですが、……Read More

vol.13: 赴任先の住居探し

リロケーションによって持ち家の賃貸・管理を行う手筈が整ったなら、次は自分自身の赴任先での生活の拠点となる住居探しです。土地勘がなく、日本とは勝手も違う海外での住居探しにはどんな点に注意すべきなのか。……Read More

vol.14: 赴任先で必要な諸手続き

海外赴任の生活を始めるにあたって、赴任先で在留届や銀行口座、ライフラインなどの手続きをできるだけ早く済ませておくと、赴任先での生活を安心してスムーズにスタートすることができます。……Read More

vol.15: 海外赴任先にはどんな学校がある?

平成22年4月現在の調査によると、義務教育相当の年齢の海外在留子女数は6万7,000人以上にのぼり、その7割以上の約4万9,000人が海外の国際学校や現地校に通学しているとされています。……Read More

vol.16: 転校の手続き

海外赴任が決まり、お子さんが赴任先で学校教育を受けることになったら、転校の手続きも早めに動き出すことが肝要です。今回はその流れを解説しましょう。……Read More

vol.17: 海外赴任先での教育の選び方アドバイス

海外赴任先の教育機関の種類や転校の手続きを知ったなら、次に考える必要があるのは、子どもをどの教育機関に通わせるのがベターなのかということ。赴任先の教育事情はもちろん、親と子どもの状況をしっかりと把握したうえで、慎重に検討していきましょう。……Read More

vol.18: 海外赴任先での乳幼児教育のヒント

乳幼児と一緒に海外赴任に向かう場合は、日本と子育て事情の異なる海外でどう育てていけばいいのか、不安もつきものだと思います。日本から何を持っていけばいいのか、幼稚園はどう選べばいいのか、日本語の習得は大丈夫なのか。……Read More

vol.19: 帰国後の子どもの教育はどうする?

子どもが海外赴任先の学校に馴染んできた頃、親として考え始めておくべきなのは、赴任期間を終えて日本に帰国した後の教育です。環境の違いにスムーズに適応できるか、日本の学習レベルについていけるか、せっかく身につけた外国語をどう活かすか。子どもの将来を考えながら、慌てずじっくりと家族で話し合っていくことが大切です。……Read More

vol.20: 気になる海外赴任先の医療事情

海外赴任先で万一病気やけがに見舞われたら……そんな不安をお持ちの方も多いと思います。日本と比べて赴任先の医療や薬はどうなのだろう、医療保険のしくみはどう違うのだろう。赴任前の不安を少しでも和らげられるよう、ここでは海外の医療事情について簡単にご紹介しましょう。……Read More

vol.21: 海外で安全な暮らしを始めるために

海外赴任には、日本と同じように安全な国ばかりではないという認識が必要不可欠です。特に日本人は犯罪のターゲットにされることも少なくありません。危機管理部署の設置や安全に関するマニュアルの作成といった対策を用意している企業や団体もありますが、現地で自分の身を守るのはあくまでも自分自身。……Read More

vol.22: 「在外選挙」で海外から国政選挙に投票

日本には「在外投票制度」があり、在外選挙人証があれば、海外赴任者も海外にいながら国政選挙や国民投票に投票することができます。これを「在外選挙」といいます。……Read More

vol.23: 海外赴任先で国際電話を賢く利用

海外赴任の生活が始まれば、日本にいる家族や知人と国際電話で話す機会も増えてくることでしょう。加入電話、携帯電話に加え、ここ数年でインターネット電話の利用も高まっています。ここではそれぞれの利用方法についてご紹介します。……Read More

vol.24: 海外で日本の新聞・テレビ・ラジオを視聴するには

海外赴任先でも日本語のメディアは貴重な情報源。メディア各社は海外在住の日本人向け配信サービスを整え、最近は電子書籍のダウンロードサービスも増えてきているため、慣れ親しんだ日本語の新聞・書籍、テレビ、ラジオを気軽に楽しむことができます。……Read More

vol.25: 海外でメイドを雇う際の留意点とは

単身の海外赴任の場合、現地で家事を任せるメイドを雇われる方も少なくありません。家族で一緒に赴任する場合でも、ご近所づきあいや日本人会の催しなどで何かと外出の機会が増えるにしたがって、人手がほしくなるでしょうし、家事の手間から解放されれば、海外暮らしの楽しみもぐんと広がることでしょう。……Read More

vol.26: ホームパーティや冠婚葬祭に招かれたら……

海外で暮らしていると、ホームパーティに招かれることも増えてくると思います。ホームパーティは現地在住の方々との親睦を深める絶好の機会。お誘いを受けたなら積極的に参加し、そのお返しに自らも自宅でパーティを催しましょう。新たな出会いにも恵まれ、人脈が広がり、海外赴任がいっそう充実したものとなるはずです。……Read More

vol.27: ビジネスシーンに欠かせない食事マナーの心得

「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、海外生活ではその国のマナーや風習に従うことが大切です。特に海外赴任ではビジネスシーンの重要な場として会食やパーティ等に出席する機会も多く、食事のマナーを心得ておくことは必要不可欠。基本マナーを事前にしっかりと抑え、スマートな振る舞いを心掛けましょう。……Read More

vol.28: 海外での買い物を楽しむためのヒント

買い物の際にも、日本と赴任国とのちょっとした習慣の違いに戸惑うことも少なくありません。海外赴任の暮らしをよりいっそう楽しむために、マナーやレジのシステム、サイズの違いなど、海外での買い物の留意点をチェックしておきましょう。……Read More

vol.29: ネット通販で日本の商品を購入

食料品、日本語対応パソコン、化粧品、女性用品、書籍・CD・DVDなど、海外赴任後にも日本の商品が何かと必要になることでしょう。
主要都市には日系のデパートやスーパーがあるため、現地でも日本の商品を購入できますが、日本に比べて品揃えは薄く、価格も割高になってしまうのが実情です。……Read More

vol.30: どちらの国の年金制度に加入する? 年金の受給はどうなる?

海外赴任期間中は、赴任国の年金制度に加入する必要があるのか、日本で加入してきた年金制度はどうなるのか、気になるところだと思います。……Read More

vol.31: 海外各国の電圧・プラグ形式事情

日本の電化製品を海外赴任先に持ち込んで使用する場合、注意しなくてはいけないのが、電圧やコンセントのプラグ形状。日本と海外では事情が異なるため、赴任国の事情に対応するには変圧器(ダウントランス)や変換プラグを用意する必要があります。……Read More

vol.32: 赴任先でのインターネット接続について

メールやインターネット電話等を使った日本の家族や友人とのコミュニケーション、情報の収集・発信、ネットショッピングなど、海外赴任の生活にインターネットはもはや欠かせないインフラのひとつです。そこで、赴任国でインターネットを利用するにはどうすればいいのかをご案内します。……Read More

vol.33: 海外赴任生活のモバイル活用術

電車やタクシーでの移動中にスマートフォンでメールやSNSをチェック。カフェでノートパソコンを使ってひと仕事??。海外に暮らしの拠点を移しても、日本と同様に快適なモバイルライフを過ごしたい方が多いと思います。特に土地勘のない海外では、地図やお店の検索などに何かと重宝するもの。そこで、海外でのおもなモバイル活用術をご紹介しましょう。……Read More

vol.34: タクシーを使いこなして行動範囲をぐんと拡大

利便性はもちろん、治安のことも考えると、海外赴任の生活ではタクシーを利用する機会も増えてくると思います。タクシーのサインや料金、チップの有無、乗車方法などは国・地域によって勝手が異なりますので、事前に利用方法を確認しておくことが大切です。ここでは、おもな国・地域のタクシー事情について簡単にご案内します。……Read More

vol.35: 海外生活のリスクをカバーする「海外駐在員保険」

海外赴任で“海外で暮らす”となると、短期間の海外旅行とは違ったリスクも想定されます。そうした事態に備えるために、保険会社各社が用意しているのが、いわゆる「海外駐在員保険」。その内容を十分に検討のうえ、少しでも安心材料を増やして海外赴任をスタートさせることがおすすめです……Read More

vol.36: 海外赴任のメンタルヘルス

言葉の違いによるコミュニケーションの壁、不慣れな文化や生活環境への適応、新たな仕事や職場で感じる気苦労など、海外赴任には様々なストレス要因があり、メンタルヘルスに不調をきたしてしまう方も少なくありません。そうならないためにも、メンタルヘルスへの理解を深めたうえで、対策を心がけることが肝要です。……Read More

vol.37: 国際運転免許の取得および海外での運転の注意点

海外赴任先でも車を運転できれば、行動範囲はぐんと広がるものです。ただし、免許、マナー、ルールなどは日本と勝手が異なりますので、運転の際にはよりいっそうの注意が必要です。快適なドライブを楽しむためにも、海外で車を運転するための基本をしっかりと押さえておきましょう。……Read More

vol.38: 主要都市の気候の特徴をチェック

防寒、暑さ対策、雨季への備え、体調管理などのために、海外赴任国の気候を下調べしておくことも、大切な準備の一つです。そこで、海外赴任される方の多いアジア、北米、ヨーロッパの主要都市の気候の特徴について、簡単に見ていくことにしましょう。……Read More

vol.39: 日本では平気でも、海外ではマナー違反に……

日本では日常的な行為でも、海外では失礼にあたることも少なくありません。「知らなかった」では済まされないタブーもありますので、赴任国のマナーややってはいけない行為、自国文化との違いを心得ておくようにしましょう。Read More

vol.40: 海外赴任にちなんだ映画をピックアップ

海外赴任は人生にとって大きなライフイベントの一つ。仕事への情熱や葛藤、家族の絆、出会いや別れといった人間ドラマとも隣り合わせで、映画の題材としても取り上げられています。そこで今回は、海外赴任にちなんだ映画を4本ご紹介しましょう。 ……Read More

vol.41: 海外赴任したら、納税はどうなる?

海日本国内の会社で働いて給与を得る場合、給与に所得税が課税されますが、では、海外赴任後に現地の支店や子会社で働いて得た収入についてはどうなるのでしょうか。 ……Read More

vol.42: 海外赴任先へのおみやげは何がいい?

海外赴任先に持っていくおみやげは何がいいか、頭を悩ませている方も少なくないと思います。出発前は何かとバタバタし、つい後回しにしてしまいがちなおみやげ選び……Read More

vol.43: 海外赴任者に心強い通信教育

日本人学校や現地校、インターナショナルスクールに通うだけでは、日本の学習から遅れをとってしまうのではないだろうか――。お子さんと一緒に海外へ赴任する際、そうした教育に関する悩み事は尽きないかもしれません……Read More

vol.44: 海外の自転車事情をチェック

近所へのちょっとした外出や通学に何かと重宝する自転車。とくにここ数年、日本では自転車ブームが起こり、自転車通勤をする人も増え、スーツを着て颯爽とオフィス街を走行する姿も珍しくない光景となりました。……Read More

vol.45: 海外プロスポーツ観戦のすすめ

本場のプロスポーツを満喫できることは、海外赴任ならではの特権の一つ。特に北米とヨーロッパは、スポーツファンの羨望を集めるプロスポーツの本場。今回はこの2つのエリアに焦点を当て、北米4大プロスポーツリーグ……Read More

vol.46: 地元では実はメジャー?な世界のローカルスポーツ

サッカーやテニス、ラグビーなどのメジャースポーツだけでなく、世界各地では国や地方ならではのローカルスポーツも楽しまれています。ローカルスポーツの知識を少しでもかじっておけば、赴任先の地元の人たちとのコミュニケーションも広がるはず……Read More

vol.47: 帰国の準備①

海外赴任や海外転勤の任期終了が近づき、帰国の日程がある程度決まったなら、出発・着任準備と同様に、帰国準備にも計画性をもって早めに取りかかることが賢明です……Read More

vol.48: 帰国の準備②

「帰国の準備①」に続いて、ここでは「引越し準備」、「職場の引き継ぎ・挨拶」、「お子さんのケア」に関してご紹介します。……Read More

vol.49: 住まいの帰国準備①~リロケーション解約~

「海外赴任・出張で日本を離れている期間中、日本の持ち家をリロケーションによって第三者に賃貸している際には、帰任に向けて賃貸契約の解約等の諸手続きが必要となります。……Read More

vol.50: 住まいの帰国準備②~持ち家のお手入れ~

海外赴任・出張を無事に終えたなら、久しぶりに生活するわが家をお手入れし、日本での暮らしを気持ちよく再開したいものです。……Read More

vol.51: 海外赴任先から日本への引越し準備

海外赴任・出張からの帰国が決まったなら、日本のご自宅のリロケーションや留守宅管理の解約手続きとともに、引越しの準備もできるだけ早くから着手していきましょう。Read More

vol.52: 日本での通関に必要な書類と注意点

海外赴任・出張先から日本へ荷物を送る際には、輸入規制や通関上の諸手続きをふまえておく必要があります。Read More

vol.53: 「ものリロ」で家財や不用品を買取&リサイクル

「赴任先と電圧が合わない家電はどうしよう…」「引越し日と粗大ゴミの回収日が合わない…」「トランクルームに預けても、帰国したときには痛んでそう…」このように、海外赴任・出張に伴う引越しには……Read More

vol.54: 「空家管理サービス」で留守宅管理も万全

海外赴任・出張が、たとえばリロケーションで自宅を貸し出すほどの期間ではない場合でも、留守中の自宅の状態は気になるものです。なかには、大切な我が家を他人に貸したくないという方もいらっしゃるかもしれません。……Read More

vol.55: 帰国時のお子さんの転校手続き

海外出張・赴任から帰国する際も、リロケーションを利用していれば、帰国後の住居探しに手間取る心配がありません。そのぶん、その他の日本での暮らしの準備に専念できます。とくにお子さんと一緒に海外へ赴任されたご家族にとって、時間をかけて準備したいのが、お子さんの教育環境の変化への適応です。……Read More

vol.56: 日本の学校の帰国子女受け入れ体制

日本のご自宅をリロケーションされていて、帰国後のお子さんの編入・入学先に公立学校を選ばれるなら、原則として住民登録を済ませたご自宅のある学区によって学校が決まります。一方で、国立・公立・私立ともに帰国子女受け入れ体制を整えている学校もあります……Read More

vol.57: 海外赴任先で購入した自動車はどうする?

海外赴任から帰国する際、住まいに関しては、リロケーションを利用していれば、現地の住まいを解約し、日本での住まいもリロケーションの解約手続きをすすめていけば心配はいりません。……Read More

vol.58: ペットと一緒に帰国するには

海外赴任先での暮らしをペットと一緒に楽しまれている方もいらっしゃると思います。「リロケーションを終えた日本のわが家でももちろん一緒」。それが飼い主の心情だと思います。……Read More

vol.59: 帰国を機に自宅を全面リフォーム

海海外赴任・出張から帰国後、リロケーションされたご自宅で心機一転、新しい生活がスタート。そんなとき、リロケーション解約手続きの一環で、原状回復やハウスクリーニングなどを済ませたとはいえ……Read More

vol.60: トランクルームを賢く活用

自宅をリロケーションする際、荷物を何から何まで海外赴任先に持ち込むのは何かと手間がかかります。ある程度、荷物を日本で保管しておけば、赴任時・帰国時の引越しの手間が省け、リロケーション解約後のご自宅での生活もスムーズに……Read More

vol.61: 海外赴任の暮らしに役立つアプリ

リロケーションによって住まいについては安心でも、言葉や地理については不安をお持ちの方も少なくないでしょう。そんなとき、海外赴任者にとって心強い味方になってくれるのが、スマートフォンやタブレットで手軽に使えるアプリケーション。そこで、言葉、地図、口コミ情報について、おすすめアプリをご紹介しましょう。……Read More

vol.62: 「海外療養費」のしくみと申請方法

日本のご自宅のリロケーションの手配を済ませ、準備万全で海外赴任生活をスタートさせたとしても、赴任先で病気やケガを患い、やむをえず現地の医療機関で診療を受けることも考えられます。そんなとき、ご加入の健康保険窓口に必要な申請を行えば、海外で支払った医療費の一部の払い戻しを受けられることをご存じでしょうか。……Read More

vol.63: 「海外発送代行」で日本の通販商品を賢くゲット

日本の通販サイトやオークションサイトが海外発送に対応していない場合、日本のご自宅をリロケーションされていると、送り先や転送手段に困ってしまいます。また、複数サイトで商品を購入した場合、まとめて梱包して発送できればコストも抑えられます。……Read More

vol.64: 長距離フライトの負担をやわらげるコツ

日本の自宅をリロケーションで貸し出し、家族揃って海外暮らしを満喫されている間も、休暇等を利用して日本に帰国する機会は少なくないかもしれません。ただ、赴任国が日本から距離が離れているほど、フライト時間は長くなり、心身にかかる負担も大きくなります。その体の負担を少しでもやわらげられるコツを紹介しましょう。……Read More

vol.65: 英会話学習のヒント

海外赴任の海外暮らしを始めるにあたって、言葉に不安を感じる方は少なくないと思います。外国語のなかでも英語を少しでもマスターしておけば、海外暮らしもぐんと楽しくなるものです。自宅のリロケーションや各種手続き等の準備とともに、少しずつでも英語の学習を進め、海外赴任に備えていきましょう。……Read More

vol.66: 格安航空会社(LCC)の活用

海外暮らしを始め、日本の自宅をリロケーションによって貸し出しているとしても、何かと帰国する機会があると思います。そんなとき、海外赴任先と日本との往復航空運賃を安く抑えられるのが、「格安航空会社(LCC)」の活用です。自宅をリロケーションしていても、「格安航空会社」を活用すれば、航空運賃が安く済み……Read More

vol.67: 自動車運転免許の更新はどうする?

海外赴任中に日本の運転免許が失効した場合でも、一定の条件を満たせば、帰国後に学科・技能試験を免除のうえ再取得できます。また、外国の運転免許をお持ちであれば、日本の運転免許に切り替えることも可能です。住まいのリロケーションと同様に、運転免許証も所定の手続きを確認のうえ、上手に更新・切り替えを行いましょう。……Read More

vol.68: 帰国後に必要な諸手続き

海外赴任へ出掛ける前の準備と同様に、帰国後には住民登録など大切な手続きが待っています。リロケーションの手続きとともに、ライフラインや銀行口座の手続きも早々に済ませ、日本での新たな暮らしをスタートさせましょう。……Read More

vol.69: 海外出張中のペットのお世話はどうする?

ご自宅でペットと一緒に暮らしている方にとって、長期的な海外赴任の場合には、ご自宅をリロケーションし、ペットも赴任先に連れて一緒に暮らすという選択肢があります。一方、リロケーションをするまでもない短期的な海外出張の場合には、自宅を留守にしている間、ペットの世話をどうすればいいのか……。飼い主の悩みのタネかもしれません。……Read More

vol.70: 海外赴任の際、「住宅ローン控除」はどうなる?

新築のマイホームを購入した後、ローン返済中に海外赴任が決まった……。そんなとき、住宅ローン控除を受けるにはいくつかの要件を満たす必要がありますRead More

vol.71: 自動車保険の中断証明書
自動車保険の中断証明書

日本の自宅のリロケーション準備とともに、自家用車の処分も早めの行動が大切です。その際、今利用している自動車を処分すれば、自動車保険の無事故割引の適用も白紙に戻ってしまうとお考えではありませんか。……Read More

vol.72: 飛行機の手荷物制限に注意
飛行機の手荷物制限に注意

海外赴任への出発や一時帰国などの際、注意しないといけないのは飛行機での手荷物の扱いです。手荷物には、搭乗客が直接機内に持ち込む「機内持ち込み手荷物」と、搭乗前に航空会社のチェックインカウンターで預ける「受託手荷物」の2種類がありますが、……Read More

vol.73: 海外赴任後の住宅ローン控除の再適用

海外赴任中のマイホームはリロケーションを利用して賃貸することで有効活用できますが、住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)の適用はどうなるのか、気になるところだと思います。Read More

vol.74: 海外赴任先から日本へ電報を贈る
海外赴任先から日本へ電報を贈る

結婚や出産、入学式などのお祝い事に寄せる祝電、ご葬儀に追悼の意を表する弔電。海外赴任中にも、大切な方やお世話になった方へ電報を届けたいというシーンがきっとあるはずです。海外から思いもよらぬ電報が届けば、そのメッセージは受け取られた方の心にいっそう深く響くことでしょう。……Read More

vol.75: 日本とは違った欧米の休暇スタイル

日本と欧米では長期休暇のシーズンや期間が異なり、「休暇」に対する考え方や文化にも違いがあります。 海外赴任や海外出張に出かける際、その違いを知っておくと、海外の文化に溶け込む一助となるはずです。Read More

vol.76: 中国などで祝われる“旧正月”って?
中国などで祝われる“旧正月”って?

日本では、新年を祝う正月は1月1日。でも、中国をはじめ、アジアのいくつかの国々では、1月下旬から2月上旬にかけて正月が訪れ、日本ではこれを「旧正月」と呼んでいます。特に中国圏の国々へ海外赴任する場合、「郷に入れば郷に従え」ということで、この旧正月の祝福ムードを味わうことも楽しみのひとつになるでしょう。……Read More

vol.77: パリ症候群」にご用心
パリ症候群」にご用心

引越しの前後は、片づけや各種手続きの忙しさと、新しい生活への期待が混ざりあい、毎日が瞬く間に過ぎていくものです。とくに海外赴任となると、海外引越し用の荷作りや手続き、住まいのリロケーションなど、国内の引越しとは勝手が異なることもあって、何かと慌ただしくなります。……Read More

vol.78: 横のつながりを深められる「日本人会」
パリ症候群」にご用心

日本で住まいのリロケーションを万全に済ませ、いざ海外赴任へ――。とはいえ、慣れない土地で知り合いがいないとなると、何かと不安になるものです。そんなとき、赴任先で心強い支えになってくれるのが、世界各地で組織されている「日本人会」です。……Read More

vol.79: リタイアメントビザで悠々自適な海外暮らし1
リタイアメントビザで悠々自適な海外暮らし1

日本で仕事をリタイアしたあとは、海外で悠々自適な生活を送りたい――。そうした方々の海外での長期滞在を可能とするのが、各国が発給する「リタイアメントビザ」です。……Read More

vol.80: リタイアメントビザで悠々自適な海外暮らし2
リタイアメントビザで悠々自適な海外暮らし2

リタイアメントビザの取得条件は国によって異なりますが、では具体的にはどんな条件があるのでしょうか。今回は、長期滞在先として人気の高いマレーシアを例にあげ、リタイアメントビザの取得条件をご案内します。……Read More

vol.81: 海外赴任の仲間が集うSNSでつながる
海外赴任の仲間が集うSNSでつながる

日本のご自宅をリロケーションして赴く海外駐在、留守宅管理の手配を済ませて出かける海外出張、海外の文化にふれるワーキングホリデーや海外留学――。こうした海外での生活をスタートし、日本を離れてみて気づくのが、“つながり”の大切さ、心強さだと思います。そんなときに賢く活用したいのが、海外での暮らしぶりを発信・共有できるブログや、仲間とつながりあえるSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)です。……Read More

vol.82: 海外生活で活躍する電子書籍リーダー
海外赴任の仲間が集うSNSでつながる

本を読んでほっとひと息。海外生活が長く続くほど、日本語で書かれた本を読むひとときは貴重なリラックスタイムになることでしょう。海外赴任に行っても気軽に読書を楽しみたい――。そんな希望に応えてくれるのが、便利な機能が満載の電子書籍リーダーです。……Read More

vol.83: 海外勤務に有効な国際資格
海外勤務に有効な国際資格

海外で自分の力を試したい、海外暮らしの夢を叶えたいという人にとって、国際資格は海外での就職活動において格好のアピール材料となります。海外赴任等を希望されている方にとっても、国際資格の取得がキャリアの実現につながるかもしれません。また、すでに海外赴任中の方も、国際資格を海外で取得すれば、帰国後に新しいキャリアを描く可能性が広がることでしょう。……Read More

vol.84: 海外赴任者向け特典が充実「JALファミリークラブ」
海外赴任者向け特典が充実「JALファミリークラブ」

海外赴任となると、赴任国と日本との行き来が増え、航空会社のマイレージクラブを賢く活用することで、さまざまな特典を得られるチャンスが広がります。なかでも嬉しいことに、日系航空会社のマイレージバンクには、海外赴任者向けの各種サービスが充実。そのひとつが、「JALファミリークラブ」。海外赴任や海外留学などに向けて、加入を検討してみてはいかがでしょうか。……Read More

vol.85: 海外でのお酒の楽しみ方
海外でのお酒の楽しみ方

歓送迎会、花見、忘年会、新年会など、日本では職場やご近所同士の親睦を深めあい、打ち解けあう場として、お酒の席が重宝されています。では海外ではどうなのでしょうか。文化や法律などの違いから、海外ではお酒の楽しみ方が日本と異なることが多く、日本ではおなじみの光景も海外では非常識、ということも少なくありません。海外赴任で海外暮らしをスタートするうえで、海外ならではのお酒の楽しみ方も知っておきましょう。……Read More

vol.86: 海外出産の際に必要な手続き
海外出産の際に必要な手続き

海外赴任で海外暮らしをしていると、大切なライフイベントを海外で迎えるというケースも考えられます。日本のご自宅をリロケーションによって賃貸し、ご夫婦やご家族で長期にわたって海外赴任される場合はなおのこと。出産もそのひとつで、特に近年は海外で出産される方も増えてきています。では、海外で出産した場合、出生の届出などの手続きはどうすればいいのでしょうか。……Read More

vol.87: ファームステイで大自然を満喫
ファームステイで大自然を満喫

大自然が広がる農場や牧場で、ホストファミリーの仕事をお手伝いしながら、のびのびと海外暮らしを満喫――。そんな貴重な体験ができる「ファームステイ」という海外滞在プランをご存じでしょうか。通常の海外留学やワーキングホリデーなどとは違った魅力があり、プランは短期から長期までさまざま。海外暮らしの新しい選択肢に加えてみては?……Read More

vol.88: アジア最後のフロンティア、ミャンマー
アジア最後のフロンティア、ミャンマー

アジア経済を牽引する中国、インド、タイと国境を接し、天然資源も豊富なミャンマー。貿易やビジネスにおいて重要な拠点となり得る条件に恵まれながらも、長らく続いた軍事政権の影響によって、他の東南アジア諸国に比べ、経済の成長に遅れをとっていました。しかし、2010年11月に総選挙が行われ、民政への移管が始まったことを機に、海外からの投資が活発化。「アジア最後のフロンティア」とも呼ばれ、日本企業も続々と進出し、日本人の海外赴任者も増えてきています。……Read More

vol.89: 海外暮らしに役立つチップの心得
海外暮らしに役立つチップの心得

海外生活のなかで、日本と異なる習慣に戸惑うことのひとつに、「チップ」があると思います。いつどんな場面で渡すことがベターなのか、そもそもどの国にも必要なものなのか。海外赴任の際にもチップの習慣を心得ておくと、普段からよりスマートな振る舞いができることでしょう。……Read More

vol.90: サッカー選手もアジアへ“海外赴任”
サッカー選手もアジアへ“海外赴任”

ワールドカップブラジル大会では、グループリーグ敗退という残念な結果に終わってしまったサッカー日本代表。同大会では、日本代表に選ばれた23人の選手のうち、過去最多の12人が欧州クラブに所属する“海外組”でした。……Read More

vol.91:「面倒」も「後悔」も避けたい!賢く家を貸すための基礎知識

手に入れた念願のマイホーム。手に入れたあとはその地に根を張り、その住まいでずっと生活していく――というイメージがあるかもしれませんが、さまざまな事情によって「家を貸す」という選択が必要になるケースも。Read More

vol.92: 持ち家で賃貸経営!実は大変な自主管理のアレコレ

転勤時のマイホームを賃貸物件として活用しようという方は少なくありません。しかし、収益を重視するあまり「管理を自分でやろう」と考えるのはおすすめできません。Read More

vol.93: リロケーション会社を選ぶときに覚えておきたい5つのチェックポイント

転勤の際でも、リロケーションサービスを活用すれば転勤終了後に以前のマイホームへとスムーズに戻れます。しかし、注意しなくてはならないのがリロケーション会社の選び方です。Read More

vol.94: リロケーションとサブリースの違いとは?

リロケーションとサブリースの違いについて解説を行います。また、不動産会社がサービスとして提供するサブリースと、転勤時の自宅を賃貸に出すリロケーションの比較もご紹介します。Read More

vol.95: リロケーション以外には何がある?転勤時の空き家活用法

「持ち家をどうしたらいいのだろう?」。転勤に際し、せっかく手に入れたマイホーム、売るのか貸すのか管理するのか――どの方法が最適か判断する材料として、今回は転勤時の空き家活用法を解説します。Read More

vol.96: 家具は置いていける?リロケーション時の家財道具問題

転勤時など、自宅を賃貸する際はリロケーションが便利です。一般的な賃貸に比べ、帰任時にはスムーズに自宅へと戻れます。しかし、リロケーションを行った際、家具・家電はどのように扱われるのでしょうか。Read More

vol.97: リロケーションで使われる一時使用賃貸借契約とは?転勤者におすすめの契約方法

将来的に帰ってくることが決まっている家を貸すのであれば、一時使用賃貸借契約がおすすめです。特徴やメリット、ほかの契約との違いについて解説します。Read More

vol.98: 単身赴任と家族帯同、持ち家がある場合はどちらを選ぶ?

単身赴任と家族帯同それぞれのメリット・デメリットや、どちらがより多く選ばれているのかなどをご紹介します。Read More

vol.99: 長期の出張、転勤のメリットは?3年以上ならリロケーションのチャンス

出張や転勤自体をポジティブに捉えることは大切です。今回は長期出張・転勤の考え方や持ち家の扱い方についてご紹介します。Read More

vol.100: リロケーション時の原状回復は必要?

リロケーションであっても、入居者には原状回復の義務が発生します。原状回復の基礎知識と、リロケーションにおける原状回復の考え方について解説します。Read More

vol.101: 転勤中の住宅ローン控除(減税)はどうなる?トータルで見る住まいの扱い

住宅ローンを使うと、同時に住宅ローン控除(減税)が受けられて、所得税が安くなります。しかし、条件があり転勤中には適用されなくなるケースも。Read More

vol.102: 期間の平均は?誰にでも起こりえる転勤の実情

転勤に関するさまざまな調査結果をご紹介していきます。また、持ち家がある方にはリロケーションのご案内も差し上げておりますので、ぜひご覧ください。Read More

vol.103: 借り手側のリロケーションのメリット・デメリット

リロケーションで転勤中に家賃収入が得られることは、賃貸人にとって大きなメリットです。一方、借り手側にとってもリロケーション物件には多くのメリットがあります。Read More

vol.104: 持ち家の賃貸管理はどうすればいい?転勤時ならリロケーションがおすすめ

持ち家を賃貸する際、賃貸管理をどのようにすればよいかでお悩みではないでしょうか? とくに転勤といったシチュエーションでは、近くに住んでいないため、管理に悩まされがちです。Read More

vol.105: 住宅ローン返済中でも持ち家は賃貸に出せる?転勤時に知りたい疑問

転勤が決まった際、気になるのは持ち家です。今回は、住宅ローンが残った持ち家を賃貸した場合、住宅ローンがどうなってしまうのかを解説します。Read More

vol.106: 持ち家は貸す?売る?転勤時に考えたい賃貸と売却の違い

転勤に関するさまざまな調査結果をご紹介していきます。また、持ち家がある方にはリロケーションのご案内も差し上げておりますので、ぜひご覧ください。Read More

vol.107: 持ち家の売却方法は2種類!売る以外の選択肢は?

リロケーションで転勤中に家賃収入が得られることは、賃貸人にとって大きなメリットです。一方、借り手側にとってもリロケーション物件には多くのメリットがあります。Read More

vol.108: 持ち家を空き家にするリスクはリロケーションで解決

持ち家を賃貸する際、賃貸管理をどのようにすればよいかでお悩みではないでしょうか? とくに転勤といったシチュエーションでは、近くに住んでいないため、管理に悩まされがちです。Read More

vol.109: 普通借家契約は帰任時にトラブルが起こりやすい?更新に必要な正当事由とは?

転勤が決まった際、気になるのは持ち家です。今回は、住宅ローンが残った持ち家を賃貸した場合、住宅ローンがどうなってしまうのかを解説します。Read More

vol.110: 民泊と賃貸は何が違う?転勤の際に知りたい家の貸し方

外国人観光客の訪日が増えるなか、注目度が高まっている民泊。留守宅を貸して収入を得るという意味では、非常に優れたビジネスモデルです。しかし、これを転勤中に利用しようと考えた場合には、いくつかの懸念が生まれます。Read More

vol.111: 公務員は転勤の際にマンションを貸せる?

公務員の副業は法律によって禁止されていますが、マンションを賃貸することに関しては一部例外を除いて可能です。転勤などの際に、自宅マンションをどう扱うかでお悩みの公務員の方に向けて、マンションの賃貸およびリロケーションの基礎知識を解説します。Read More

vol.112: 家を貸すときは火災保険に入るべき?

リロケーションなどで家を貸す際には、火災保険に加入しているかどうかを確認しましょう。未加入の状態で賃貸すると、万が一の際に多大な損失を被る可能性があります。Read More

vol.113: マンションは貸す?それとも売る?転勤時の選択

転勤時に、マンションを“貸す”のか“売る”のかでお悩みの方も多いでしょう。それぞれに事情が異なるため、一概にどの判断が正しいとは言い切れません。Read More

vol.114: 家を貸すならいくら?賃料査定の方法

転勤などによって自宅を賃貸しようとお考えの方にとって、家賃収入がいくらくらいになるかは非常に気になるポイントです。賃料の金額次第で、転勤先での生活も大きく変わるでしょう。Read More

vol.115: リロケーション会社が行う賃貸管理の内容とは?

転勤中にリロケーションを利用して持ち家を賃貸すると、リロケーション会社による賃貸管理が受けられます。しかし、この賃貸管理の内容とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?Read More

vol.01: 急な転勤。持ち家をどうする?①

念願のマイホームを購入し、家族と一緒に新しい生活がスタート。不動産の購入は人生にとって大きな買い物。その先にはそれぞれの豊かで楽しい暮らしが待っています。そんな矢先、突然の転勤を命じられたら……Read More