記事検索
リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識 > 家を貸すならいくら?賃料査定の方法

「リロの留守宅管理」リロケーション基礎知識 vol.114

家を貸すならいくら?賃料査定の方法

転勤などによって自宅を賃貸しようとお考えの方にとって、家賃収入がいくらくらいになるかは非常に気になるポイントです。賃料の金額次第で、転勤先での生活も大きく変わるでしょう。そこで今回は、家を貸す際の家賃目安を把握できる賃料査定についてご紹介します。

賃料査定は大きく分けて2種類

同じマンションの一室が入居者を募集していたとしたら、おおよその賃料を調べるのはご自身でも簡単に行えます。しかし、分譲マンションの場合にはそもそも賃貸が行われていないケースも少なくありません。また、一戸建ての場合は同じ地域にあっても物件ごとに特徴が大きく異なりますから、正確な家賃を算出するのは難しいでしょう。

こうした際に活用したいのが、不動産仲介会社による賃料査定です。なお、賃料査定には大きく分けて2つの種類があります。以下で、それぞれの特徴についてご紹介します。

簡易査定

名称のとおり、簡易的な賃料査定です。不動産仲介会社の査定担当者による訪問は行われず、物件に関する情報のみで賃料が査定されます。なお、状況に応じて物件の写真や登記簿謄本の提出が求められる場合があります。

簡易査定は電話やメールのみで完結することも多く、「とりあえずどれくらいの家賃になるかを知りたい」と考える方に最適です。依頼から査定額提示までの期間も比較的短いので、気軽に利用してみましょう。

詳細査定

詳細査定では、より精度の高い賃料の査定が行われます。簡易査定の情報に加え、建築設計図や重要事項説明書、契約書といった書類の提出が求められる場合があります。加えて、不動産仲介会社の査定担当者が現地に赴き、物件を目視で確認したり、周辺環境を調査したりした上で賃料が算出されます。

簡易査定に比べてより詳細な情報が必要になることから、実際の賃料に近い金額を把握できるのが特徴です。ただし、必ずしもこの家賃で貸し出さなくてはならないという決まりはなく、あくまでも参考として捉えて構いません。

賃料査定で見られるポイント

次に、不動産仲介会社が賃料査定を行う際に、どのようなポイントに注目するのかをご紹介します。以下では、ほとんどの会社に共通する項目例です。

類似物件の調査

賃貸する家と似た条件(間取りや築年数、立地など)の物件が、現在いくらの家賃で貸し出されているかを調査します。なお、参照するのは不動産情報サイトや、不動産会社共通のデータベースである「レインズ」などです。

現在募集中のものだけでなく、入居中の物件なども確認しながら、現実的なラインを探っていきます。アナログな作業となるため手間もかかりますが、時間をかけてていねいに調査が行われます。

平均賃料・坪単価の算出

類似物件調査でピックアップした物件を参考に、平均賃料や坪単価を算出。それを基に、調査物件の面積等を掛け合わせていきます。なお、当然ではありますが設備や立地などに違いがあるので、その点を考慮し賃料の加点・減点要素を洗い出す作業も行います。

担当者の経験に応じた賃料の調整

前項までの算出結果に、査定担当者の経験に基づいた加点・減点を行います。たとえば「この地域はファミリー層に人気だから、広いバスルームがあると入居者が決まりやすかった」といった経験則です。ただし、この調整幅は査定担当者の主観が入るため、必ずしも一定ではありません。これまで、どれだけの不動産仲介を行ってきたかが重要になります。

不動産会社を見極めるには?

前述のとおり、賃料査定は類似物件のデータなどを用いて算出するため、そこまで大きな差は生まれません。ただし、査定担当者の経験に基づいた加点・減点は非常に重要です。賃料が数千円違うだけで入居者様が決まったり決まらなかったりというのはよくある話です。この差額を正しく見積もれる担当者に依頼ができると、入居率アップにつながります。

そのため、不動産仲介会社を見極める場合にはこれまでの実績が重要です。また、一口に不動産仲介会社と言っても、専門分野が異なる点にも注意しましょう。売却よりも賃貸に力を入れてきたような会社であれば安心です。

なお、転勤時に持ち家を賃貸に出す場合にはリロケーションというサービスを用いるのがおすすめです。この場合にも賃料査定が行われますが、「いつか戻ってくる家を一時的に貸し出す」という側面があるため、一般の賃貸物件とは異なる考え方が査定担当者には求められます。リロケーションで家を貸す場合には、そのサービスを専門的に行っている不動産仲介会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

家賃査定は多くの場合、不動産仲介会社が無料で行ってくれます。賃貸するかどうかの大きな判断材料になりますので、ぜひ活用してみましょう。なお、転勤に際してご自宅を賃貸したいのであれば、当社のリロケーションサービスが非常におすすめです。賃料査定についても承りますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。