記事検索

「リロの留守宅管理」
リロケーション基礎知識

カテゴリ:空き家を貸す

vol.157: 実家を売らずに賃貸に出す。リスクの理解とメリット最大化―相続した空き家の活用方法

実家を相続した、あるいはこれから相続する可能性がある場合、その後の扱いをどうするべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。維持管理は難しいと考えて、売却が検討されることも多いですが、同時に今後の売り時や使いどころを考えて躊躇する人も、思い出が詰まった実家を簡単に手放してよいものかと悩む人もいることでしょう。そこで今回の提案は、実家を売却することなく、「賃貸に出して有効活用する」という方法です。Read More

vol.156: 【初心者必見】家を貸すとき家賃はどうやって決めればいいの?家賃の目安になるものとは

「転勤が決まった」、「親の介護でしばらく実家に帰ることになった」など、一時的に所有している家やマンションに住むことができなくなるケース、家を貸すときに、何を目安に、どのように家賃を決めれば良いのか、家賃を決定する方法について説明します。Read More

vol.155: 空き家管理は大変?空き家管理に伴う作業と放置するリスクを解説

空き家を放置するリスクと空き家管理に必要な作業のほか、専門業者の空き家管理サービスを利用するメリット、空き家で賃貸経営を始めるメリットなどを解説します。Read More

vol.151: 空き家は手放す・手放さない?持ち家の活用方法を紹介

急な転勤や引っ越しなどの理由で持ち家が空き家になってしまう場合、売却して手放すべきなのか、手放さずに誰かに貸し出すべきなのか、悩むことも多いでしょう。この記事では、空き家の売却や貸し出しで得られる効果や注意点、空き家のままにする際に覚えておきたいポイントなどを解説します。Read More

vol.150: 空き家のマンションを貸したいときの6つのポイント

勤務先で急な転勤を言い渡された場合、今まで住んでいたマンションをどのように処理しようか悩むケースも多いでしょう。将来的に再び住む可能性がある場合は、賃貸に出すことも検討するとよいでしょう。住んでいたマンションを賃貸に出す際には、いくつかのポイントに注意しなければなりません。この記事では、6つのポイントについて解説しますので、後悔しないようしっかりとチェックしておきましょう。Read More

vol.149: 空家等対策特別措置法とは?

現在も増加傾向にあるとされる空き家。社会問題としても捉えられており、ゴミ屋敷化した家屋がニュースで取り上げられるようなことも少なくありません。こうした事態を受けて、平成26年11月に国から公布されたのが平成二十六年法律第百二十七号「空家等対策の推進に関する特別措置法(空家等対策特別措置法)」です。Read More

vol.148: 空き家対策の方法と知っておきたい基礎知識

現在、空き家の増加は、日本における重大な社会問題の一つとして位置づけられています。平成30年に行われた総務省の調査によると、当時の空き家の数は約849万戸。5年前の平成25年時点で行われた調査に比べて約29万戸増加しており、過去最高となっています。Read More

vol.138: 相続した家・空き家は貸す?売る?活用法いろいろ

もしも両親から不動産を相続した場合、どのように活用するかをすでに決めているという方は多くないでしょう。相続不動産の扱いを決定するのは難しく、悩みの種になることも少なくありません。Read More

vol.136: 古い家は更地にしてから貸すほうがいい?古い家を貸し出す際の注意点

築古の家は築浅に比べて不人気というのは事実としてあります。そのため、あえて更地にしてから売ったり貸したりするのがおすすめ、という声も聞かれます。ただし、これはあくまで条件付きであることを意識しなくてはなりません。Read More

vol.124: 古い家でも貸せる?知っておきたいポイント

ご両親から相続した家などにお住まいの方のなかには「こんなに古い家だと、誰も借りてくれないのでは?」と思われるかもしれません。そこで今回は、築古物件を貸し出す際に抑えておきたいポイントについて解説します。Read More

vol.108: 持ち家を空き家にするリスクはリロケーションで解決

転勤時に持ち家をどうするかは、人それぞれに最適な選択が異なります。しかし、単に空き家として放置するのはリスクがありおすすめできません。こちらでは、持ち家を空き家にするリスクや、その対策についてご紹介します。Read More