記事検索

「リロの留守宅管理」
リロケーション基礎知識

カテゴリ:マンションを貸す

vol.153: マンションを貸したいと思ったときに知っておくべき4つのポイント

もしも転勤などの理由で引っ越さなければならなくなったときしばらく空いてしまうマンションを「貸す」ということ自体は、保持した資産を活用するための現実的で有効な方法として十分に考えられます。そこでこの記事では、マンションを貸すことで得られる効果や、貸す前に知っておきたい注意点を紹介します。Read More

vol.146: マンションを貸すと税金は増える?節税の3つのコツも紹介

転勤などの理由により一時的に使っていないマンションを所有している場合、入居者希望者を見つけて貸し出すことで家賃収入を得られます。ただ、家賃収入を得ることで、納める税金が増えてしまうのではないかと不安を感じている人もいるでしょう。Read More

vol.143: 分譲マンションを貸すときに知りたいポイントまとめ

分譲マンションを貸すことは、不動産の活用方法として非常に有意義です。しかし、実際の手順や注意点、契約方法について詳しく知らないという方も多いでしょう。そこで今回は、分譲マンションを貸すときに知っておきたいポイントをまとめてご紹介します。Read More

vol.135: 海外赴任中にマンションを貸した場合の確定申告

転勤などで自宅マンションをリロケーションした場合、確定申告が必要になる可能性があります。しかし海外赴任となると、税務署へ出向くことも難しくなるでしょう。そこで今回は、海外赴任中に発生した不動産所得の確定申告について解説します。Read More

vol.132: 転勤中のマンション賃貸!考えられるリスクと対処法

転勤中に、留守にするマンションを第三者へ貸すことは、立派な賃貸経営のひとつです。しかし、経営にはリスクがあって然るべき。注意しておかなくては、収支が大きくマイナスへ傾く可能性もあります。Read More

vol.131: 帰任時には注意!貸していたマンションの明渡しシチュエーション

転勤中、留守にする自宅マンションを賃貸するのは、非常に有効な不動産の活用法です。しかし、いつか帰ってくるという前提の場合には、いくつかの明渡しのシチュエーションを想定しておかなければなりませんRead More

vol.126: 転勤時に友人・知人へマンションを貸す際に起こる問題とは?

転勤や海外赴任など長期的に家を開ける場合、同じタイミングで家を探している友人・知人に家を貸すことを検討するかもしれません。そのこと自体に問題はありませんが、相手が友人・知人だからこそ起こりうるトラブルを警戒する必要があります。Read More

vol.125: 賃貸物件で起こるマンショントラブルは賃貸管理で解決

いくつもの家庭・人が住むマンションでは、何らかのトラブルが発生するものです。今回は、マンショントラブルの傾向や具体例に加え、賃貸管理を行う重要性について解説します。Read More

vol.123: マンションの賃貸収益をアップするためのコツ

マンションの賃貸収益をアップするためにはマンションの価値を上げ、早期のうちに入居者を見つける必要があります。不動産会社のサポートも受けられますが、オーナー様ご自身でできることも少なくありません。Read More

vol.113: マンションは貸す?それとも売る?転勤時の選択

転勤時に、マンションを“貸す”のか“売る”のかでお悩みの方も多いでしょう。それぞれに事情が異なるため、一概にどの判断が正しいとは言い切れません。Read More

vol.111: 公務員は転勤の際にマンションを貸せる?

公務員の副業は法律によって禁止されていますが、マンションを賃貸することに関しては一部例外を除いて可能です。転勤などの際に、自宅マンションをどう扱うかでお悩みの公務員の方に向けて、マンションの賃貸およびリロケーションの基礎知識を解説します。Read More