記事検索
リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識 > 「空き家管理サービス」で海外赴任中の留守宅管理も万全に

「リロの留守宅管理」リロケーション基礎知識 vol.54
「空き家管理サービス」で海外赴任中の留守宅管理も万全に

海外赴任・出張が、たとえばリロケーションで自宅を貸し出すほどの数年の期間ではない場合でも、留守中の自宅の状態は気になるものです。なかには、大切な我が家を他人に貸したくないという方もいらっしゃるかもしれません。とはいえ長期間留守にするあいだ、どうやって管理すればよいのでしょう?

そんな方々を心強くサポートするのが、転勤留守宅管理のパイオニアであるリロケーション・インターナショナルの「空家管理サービス」です。

留守宅の放置はトラブルの温床

旅行などでしばらく自宅を留守にした際、久々に帰宅した時に感じるもわっとした空気感。経験したことのある方は多いと思います。 海外転勤・出張でさらに長期に渡って自宅を閉め切ったまま放置しておくと、大切な自宅が傷んでしまいます。

①窓や扉を開けて家の中に新鮮な空気を通して換気しなければ…
カビや腐食が発生したり畳が湿気を含んで膨張したりするなどして、室内や家具類が傷みます。 また、雨戸やカーテンを閉めたままでは直射日光が当たらず、室内にカビ、ダニ、細菌などが繁殖しやすくなります。

②給排水設備を一切使わずに放置しておくと…
給排水設備は日常的に使用することでサビが適度に流されるのですが、使わないと水が管を通らないためサビが付着し、管がさびついて傷みがはやくなります。 排水設備のトラップ(途中S字型に曲がっている管)部分には、水をためて外部からの虫等の侵入を防いだり、下水管からの臭いに蓋をしてくい止めたりする働きがあります。ところが長期間排水しなければトラップにたまった水が蒸発してなくなってしまい、下水から虫が上がってきて室内に侵入する可能性があります。また、排水管を通して下水の臭いが室内に漏れこみます。

③長期間掃除をしないままにしておくと…
ほこりがたまって、ダニや細菌、害虫の温床になります。

④もし雨漏りやシロアリ被害、台風被害などがあっても気づかず放置しておくと…
家の柱など構造部分に損傷が発生し、長期間放置すれば被害が大きく広がって、修繕に相当な費用がかかることにもなりかねません。

⑤庭がある場合、手入れをしないと…

庭の草木が大きく成長し、庭木が家の隙間や床下部分に入り込み家を傷めます。 枯れ葉や枯れ草の掃除をしないので、不衛生なうえにご近所トラブルになることも考えられます。 適度な剪定、下草・雑草の処理をしないので見た目も悪く、大きく茂った樹木のせいで敷地内に不審者が侵入しても気がつきにくくなります。

⑥建物や設備に発生した小さな損傷を長い期間放置していると…
シミ、虫食い、壁やガラスのヒビ割れ、コーキングやゴムの着脱や劣化、門扉のサビなどの小さな損傷に気づかず長期間放置していると、建物や建材へのダメージはいずれ大きくなり修繕にも費用と時間がかさみます。

⑦空き家状態で放置されていることが他人に知られると…
不審者が住み着いてしまったり、違法行為の温床となるリスクがあります。 また、空き家はゴミの不法投棄や落書きなど悪質なイタズラの被害に遭いやすく、ひとたび不法投棄や落書きをされると次々とエスカレートしてゆく傾向があります。最悪の場合、放火の被害に遭うことも考えられます。悪臭や治安悪化で、ご近所にも迷惑や不安を与えることになります。

⑧空き家状態で人の出入りがないと…
スズメバチが巣をつくったり、ネズミやイタチなど害獣が棲みつき家や庭が荒らされるばかりか不衛生で、ご近所トラブルに発展することも考えられます。

⑨台風被害などで建物に損傷があっても修繕せず放置していると…
外れた瓦や壊れた建物の一部が、近くを通行する人や車に損害を与えたり、次の台風の時に飛散して近隣住宅の窓ガラスを割ったりして、第三者に迷惑をかけてしまい思わぬトラブルに発展する可能性があります。

このような数々のリスクから自宅を守るために、「空き家管理サービス」では、住居のオーナー様に代わって月1回から定期的に住居内を巡回し、通水、通気・換気、清掃などを行っています。

転勤留守宅管理に必要なサービスをきめ細かくカバー

具体的には、窓や押し入れ・物入れを開放して60分間空気を入れ換える【通気・換気】、水道の蛇口を約60秒開放してサビの付着防止や排水トラップへの注水を行う【通水】、室内の掃き掃除・拭き掃除など簡単な掃除を行う【清掃】、各部屋の内側から雨漏りの症状を点検する【雨漏りの確認】、庭木の剪定・消毒・除草などの要否を確認する【庭木の確認】、建物の塗装・外壁仕上げ・木部・鉄部などの状態を確認する【メンテナンス確認】、巡回時に入手した近隣情報を報告する【近隣情報の確認】を巡回するごとに行います。また、地震・台風・火災のような災害の際随時、巡回点検し結果報告をする【有事後の巡回】が、基本の管理・点検項目となっています。

さらにオプションとして、庭木の剪定・消毒・除草などを行う【庭木の手入れ】や消防点検や設備点検等を行う【特別巡回及び定期巡回時別途作業】もあり、転勤留守宅管理に必要なサービスをきめ細かくカバーしています。

リロならではのオリジナルサービスも海外赴任者に好評

さらにくわえて、リロケーション・インターナショナルならではのオリジナルサービスもあります。まず海外赴任・転勤で日本を離れて暮らす方にとって便利なのが、Web上で写真付のマンスリーレポートを確認できること。巡回ごとに作成する報告書がオーナー様専用ページに順次掲載されるため、海外にいながらにして自宅の状況をリアルに写真で知ることができます。

その他、家具などの生活用品をそのままの状態で留守にすることができ、クレジットカード決済で月々の支払いが可能なこと、外壁のヒビや雨漏りなど、建物のトラブル補修に即時対応可能なことも、長く自宅を留守にする海外赴任者にとっては大きなメリットだと思います。