記事検索
リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識 > マンションの賃貸収益をアップするためのコツ

「リロの留守宅管理」リロケーション基礎知識 vol.123

マンションの賃貸収益をアップするためのコツ

マンションの賃貸収益をアップするためにはマンションの価値を上げ、早期のうちに入居者を見つける必要があります。不動産会社のサポートも受けられますが、オーナー様ご自身でできることも少なくありません。こちらでは、オーナーの方に行っていただきたい賃貸収益アップのための取り組みをご紹介します。

自分でもできる工夫!力を入れるべきは清掃

自宅マンションを賃貸に出す際に意識しただきたい第一のポイントは清掃です。物件が美しい状態で賃貸に出せれば、入居者も決まりやすくなります。とりわけ水回りは汚れが目立ち、入居希望者も注目しているポイントなので、キレイに清掃しておくことで好印象につながるでしょう。

浴室・洗面所

浴室や洗面所は、経年使用によって水垢やガンコなカビが発生しやすい場所です。普段のお手入れ方法で汚れが落ちないようであれば、食器用洗剤などを使うと落としやすいでしょう。また、細かな溝などは歯ブラシを使ってていねいにこすると汚れが隅々の汚れまで清掃できます。

キッチン

キッチンで重点的に掃除しておきたいのはシンク周りや排水口内です。汚れを溜めておくと悪臭につながり悪印象になるため、日常的な清掃をおすすめします。汚れがしつこく落ちにくいようなら、塩素系の漂白剤などを併用しましょう。

トイレ

トイレも長年の使用により汚れが蓄積しやすい箇所です。便器はもちろんのこと、壁や床を清潔にするように意識しましょう。これらをキレイにしておくことで臭いや雑菌を取り除けます。

玄関

玄関は入居希望者がはじめに目にするところです。可能な限りキレイにしておくことで物件全体の印象アップにつながります。

ベランダ

見逃しがちですが、ベランダの清掃も重要です。日常的に清掃を行っていない場合、ホコリや砂などが蓄積しています。放置していたのであれば、賃貸するタイミングで一度しっかり清掃をしておきましょう。

部屋全体

リビングやダイニングなど、部屋全体も目立つ汚れがあるなら清掃をお忘れなく。入居者が多くの時間を過ごす場所だけに、細かな清掃が入居率アップにつながります。

【Q】ハウスクリーニンングはどんなときに頼むべき?

どうしても取れない汚れがある場合は、ハウスクリーニングを活用するのもおすすめです。とくに水回りは自分では落とせない汚れがこびりついていることが多いので、難しい場合は検討しましょう。以下は、一般的なハウスクリーニングの費用相場です。

浴室 14,000~17,000円
洗面所 8,000~10,000円
キッチン 15,000~25,000円
トイレ 8,000~10,000円

設備の不具合の修理も忘れずに

付帯設備(エアコンやインターホン、換気扇など)に不具合がある場合は交換・修繕が必要です。また、経年劣化による不調が見られる場合は、この機会に交換・修繕しておくことをおすすめします

賃貸の場合、付帯設備の交換費用は貸主負担となるケースが一般的です。賃貸に出した後入居者から連絡を受けて交換となると手間も増えてしまいます。好印象を与え、入居後の手間を回避するためにも、修繕・交換の必要があるか確認をしておくとよいでしょう。

プロにお任せするならリロケーションがおすすめ

ここまで紹介してきたものは、大家となってマンションを貸す際の考え方です。しかし、転居の理由が転勤であり、いつかは家に戻ってくるというケースなのであればリロケーションをおすすめします。

リロケーションでは、リロケーション会社のスタッフがマンションを実際に見て、どのようなクリーニングや修繕を行うべきかをアドバイスをしてくれます。不動産のプロから見て、何が入居者の印象アップにつながるかがわかるでしょう。また、クリーニングや営繕工事などの手配も行ってくれるので、転勤前の忙しい時期に手間なく任せられる点もメリットです。

リロケーション会社とのコミュニケーションも大切

リロケーション会社のスタッフと打ち合わせを行う際には、マンションの魅力を伝えるのが大切です。住んでいた自分だからこそ知っている物件の魅力を伝えることで、リロケーション会社が入居希望者にその魅力をアピールしてくれるでしょう。

また、リロケーション会社とコミュニケーションを取っている際に、どのような対応をしてくれるかは会社選びの重要なポイントです。じっくり話合いに応じてくれる、信頼できる会社に依頼しましょう。

>>vol.93 リロケーション会社を選ぶときに覚えておきたい5つのチェックポイント

まとめ

すこしでも早く入居者を見つけたい場合は、入居者の気持ちを意識して、清潔、かつ不具合がない状態で家を貸し出しましょう。賃貸物件は、魅力付けのためにリフォームを行うことも少なくありませんが、自宅マンションを貸す場合もこれは同様です。最終的に戻ってくる家だった場合、リフォームを行っておけばいざ戻ってきたときに快適に過ごせます。賃貸収入アップだけでなく、自分の住まいへの投資と考えてリフォームを行うのもひとつのアイデアです。