リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識 > リロケーション以外には何がある?転勤時の空き家活用法

「リロの留守宅管理」リロケーション基礎知識 vol.95

リロケーション以外には何がある?転勤時の空き家活用法

「転勤が決まり、家族の理解も得られ一家での引っ越しを決意。しかし、すでに購入してしまった持ち家をどうしたらいいのだろう?」。転勤に際し、こうしたお悩みを持たれる方は少なくありません。

せっかく手に入れたマイホーム、売るのか貸すのか管理するのか――どの方法が最適か判断する材料として、今回は転勤時の空き家活用法を解説します。

不動産売却~もっともシンプルな現金化の手段~

もっともシンプルな活用法は売却――つまり、資産の現金化です。持ち家を現金にしてしまうことで、住み替え先物件や投資先物件の購入費に充てられます。そのほか、賃貸に出しても収支に期待が持てなかったり、資産運用の手間がかけられなかったりといった理由も考えられます。

満足のいく売却になるとは限らない

できるだけ高い金額で不動産を売却しようとするなら、不動産会社を介して、第三者の個人・法人が物件を購入する仲介売却を用いるのが一般的です。しかし、急な転勤の場合は期間中に買い手が見つからない可能性も。この場合、不動産会社の直接買取りに切り替えることもできますが、そうすると売却額が期待値以下になってしまうケースが少なくありません。このように、転勤といった期限のあるシチュエーションでは、満足のいく売却ができない可能性がある点に注意しましょう。

賃貸経営~ご自身で行う不動産を活用したビジネス~

所有されている持ち家を賃貸物件とし、賃貸収入を得ながら活用する方法です。借主様がうまく見つかれば安定的な収益が得られるでしょう。また、すでに建物が完成していますから、初期投資もほとんどかからず、もっとも大きなリターンが期待できます。

空室リスクと管理方法にご注意

賃貸経営を行う上では空室リスクに注意を払う必要があります。入居者はほぼ必ず退去するものです。そして、次の入居者がすぐに決まるという保証はありません。また、退去時には部屋のクリーニングや修繕・リフォームなどの手配も必要です。そのほかにも、契約・更新・解約時の対応など、求められる業務は想像以上に多いもの。遠方に転勤してしまった場合、これらを自身の手ですべて行うのは現実的とは言えません。専業大家として経営を行うか、管理会社へのアウトソーシングが必要です。

空き家管理~将来を見越して資産価値を維持~

管理会社に不動産の管理などをアウトソーシングして、建物を適切に管理してもらう方法です。空き家管理というサービスで提供されています。定期的な通風・通水、室内、庭のチェックおよび、メンテナンスの提案などが主な内容。資産価値を維持しつつ、犯罪リスクやご近所迷惑などを避けられます。

出費はあるが収入は得られない点が大きなデメリット

管理会社のサービスを利用するため、そのためのコストが毎月かかり続けます。一方で、賃貸や売却による収入は得られません。そのため、具体的には以下のような場合に空き管理が活用される傾向にあります。

●管理の手間や初期費用、用途の変更予定といった理由で、賃貸や売却による収益化がすぐには難しい場合
●将来的に賃貸や売却、もしくはご自身による利用の予定があり、コストを払ってでも資産価値を維持したいと考える場合

建物解体~土地を生かした不動産収益化手法から~

建物を解体し、更地にしたあとで駐車場などを設置する方法です。賃貸物件の建設などに比べれば初期投資が少なく、手軽にはじめられるという点がメリットです。「不動産を使ったビジネスに挑戦してみたい!」「空き家として放置しておくくらいなら、少しでも収益が欲しい」といった場合に用いられています。

税率アップと管理の手間が問題

住宅用地には「住宅用地の特例」という制度があり、固定資産税が優遇されます。つまり、更地にする前の「人が住む家」のほうが税金を安くできるのです。これを駐車場に変えてしまった場合は、住宅用地に比べて約6倍の固定資産税がかかります。

また、駐車場経営は比較的手間の少ないビジネスではあるものの、何の管理もいらないわけではありません。そのため、遠方に転勤した場合には実現が困難とも考えられます。

戻ってくるのが前提ならリロケーションがおすすめ

転勤期間中の留守宅を賃貸物件として活用することを、リロケーションと呼びます。遠方への転勤が決まってはいるものの、いつかはマイホームへと戻りたいとお考えの方におすすめの方法です。

リロケーションでは、賃貸管理をリロケーション会社に任せながら、定期的な家賃収入が得られます。また、家は人が住まなくなると劣化スピードが早くなりますが、入居者がいれば通風・通水が行われるため寿命が極端に短くなることもありません。

このように、大切なマイホームを守りながら収益化できるという点がリロケーションのメリットです。

まとめ

このように、転勤時における空き家の活用法にはさまざまなものがあります。どの方法が最適かは、お客様の状況により異なります。ただし、家族帯同で、いつかは自分たちの家に戻りたいというご希望があるのであれば、やはりリロケーションがおすすめです。

当社がご提供する「リロの留守宅管理」は、より安心でスムーズなリロケーションをお約束するサービスです。転勤中の持ち家の扱いでお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)