リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識 > 急な転勤。持ち家をどうする?②

「リロの留守宅管理」リロケーション基礎知識 vol.02
急な転勤。持ち家をどうする?②

自宅の貸し出しに必要なこと

マイホームやマンションを個人に賃貸する場合、必要となることから見ていきましょう。

まず、間取りや築年数、地域ごとの相場などをもとに賃料を決めます。そして、入居者の募集です。多くの人の目に触れるためにも、Webの不動産ポータルサイトや住宅情報誌などに情報掲載を手配。入居者を広く募るには、畳やふすまの張り替え、ハウスクリーニングなどで家をキレイに磨き上げることも大切です。

広告を通じて入居希望の問い合わせが届けば、その都度物件をご案内し、条件面をすり合わせます。そして、お互いに納得が得られた上で契約を結び、入居がスタート。

ただ、そこで終わりではなく、「エアコンの調子が悪い」「給湯機が故障した」「隣の家の騒音が気になる」など、入居中のトラブルにも対応しなくてはいけません。さらに、月々の賃料請求や、期間満了時の更新・退去手続き、原状回復のリフォームなども待っています。

リロケーションなら面倒なことを一任

こうしてざっと挙げただけでも、面倒なことが多く、個人で行うには難しいと感じられた方も多いのではないでしょうか。そんな時に頼りになるのが、これらの業務を一手に引き受けてくれるリロケーションというサービスなのです。

中でもリロケーション・インターナショナルは、このサービスを日本で初めて立ち上げた会社。通常の賃貸会社と違って、リロケーションに精通したプロフェッショナルが相談役となるため、賃料の提案からリフォーム、入居者募集、契約、入居後のトラブル対応、退去時の交渉・手続きまで、全てを安心して任せることができます。さらに「リロメンテフリー※1」を利用すれば、設備の修繕などにかかる突発的な費用負担も含まれるため、管理コストがむやみに膨らむ心配もありません。

賃料の延滞などに悩まされることがないのも大きなメリット。賃料の集金・送金を代行してくれるため、月々安定して振り込まれ、たとえば月15万円で貸し出す場合、3年間で540万円の家賃収入が得られます※2。これは家計にとって大助かりで、ローンの負担も軽減することができるのです。

急な帰任に対応できるかもポイント

「あと3ヶ月で前の職場に戻って」。急な転勤とともに、急な帰任もつきものだと思います。そんな時、入居者の退去に6ヶ月もかかってしまうようでは、スムーズに帰任することができなくなってしまいます。つまり、こうした急な帰任にも対応できるかどうかも、リロケーション会社を選ぶ際の重要なポイントとなるのです。

その点でも、解約の通知は6ヶ月前が一般的ですが、リロケーション・インターナショナルは3ヶ月前。最低2年間の基本契約期間満了後には、自動的に貸し出し期間が延長されるため、急な帰任の希望にもフレキシブルに対応することができるのです。

留守宅のことで頭を悩ますことがなく、転勤先の新しい環境での仕事や暮らしが充実。そして、急な帰任の際にも自宅での生活が元通り。リロケーションというサービスが、転勤や海外赴任を強力に後押ししてくれることでしょう。

※1 「リロメンテフリー」は適用条件がございます。
※2 管理委託費用は考慮しておりません。

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)