記事検索
リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識 > ファームステイで大自然を満喫

「リロの留守宅管理」リロケーション基礎知識 vol.87
ファームステイで大自然を満喫

大自然が広がる農場や牧場で、ホストファミリーの仕事をお手伝いしながら、のびのびと海外暮らしを満喫――。そんな貴重な体験ができる「ファームステイ」という海外滞在プラン をご存じでしょうか。通常の海外留学やワーキングホリデーなどとは違った魅力があり、プランは短期から長期までさまざま。海外暮らしの新しい選択肢に加えてみては?

ファームステイは観光タイプとワーキングタイプに大別

ファームステイで大自然を満喫

ファームステイは、広大な自然に恵まれたオーストラリア、ニュージーランド、カナダでさかんに行われ、その滞在の仕方は大きく2つのタイプに分かれます。

1つは、ファームにホームステイしながら、乗馬やカヤックなどのアクティビティなどが楽しめる観光タイプ。1週間程度の短期滞在が中心で、滞在費を払って観光目的で滞在しますの で、就労ビザは必要ありません。

もう1つは、滞在するファームでしっかり働き、その対価として滞在費が免除されるというワーキングタイプ。こちらは1カ月から半年程度の中長期滞在が主で、ワーキングホリデービ ザなどの就労ビザが必要になります。

大自然を舞台に、海外暮らしを満喫できる醍醐味

ファームステイの滞在先には、牛や羊、馬、ヤギ、鶏などを飼育する牧場と、野菜や果物などの農作物を栽培する農場やワイナリーに大きく分かれ、酪農と農業を兼業するファームも あります。

大自然が広がる海外のファームを舞台に、動物の餌やりや乳搾り、農作物の収穫、ワイナリーのお手伝いなどをしながら、優しいホストファミリーと交流を深め、海外の生活や文化に 触れられるのは貴重な経験です。

観光タイプでは乗馬やカヤックなどのアクティビティを満喫でき、自然や動物と触れ合いながら、気軽に海外生活を楽しみたい人にぴったりです。

一方、ワーキングタイプでは、ファームの貴重な労働力として、ファームワークに加え、必要に応じて家事や買い物などのお手伝いもしますので、しっかりと腰を据えて海外現地の暮 らしを体験したいという方に向いています。

また、大人から子どもまで家族揃ってファームステイを楽しめるプランもあります。日本の自宅を留守宅管理に任せ、家族でのびのびと海外暮らしを満喫することも検討してみてはい かがでしょうか。

滞在条件や仕事内容などはファームによって異なる

ファームステイについては、海外留学等を企画・催行する会社がさまざまな滞在プランを用意しており、ホストや季節、国によって滞在条件が異なります。

なかでもワーキングタイプの場合、1日労働時間は6~8時間が目安で、体力を必要とする仕事も少なくなく、ある程度の英語力や運転免許が必要になる場合もあります。企画・催行する会社に詳細を確認したうえで、滞在先を検討するようにしてください。