リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識 > 海外生活で活躍する電子書籍リーダー

「リロの留守宅管理」リロケーション基礎知識 vol.82
海外生活で活躍する電子書籍リーダー

本を読んでほっとひと息。海外生活が長く続くほど、日本語で書かれた本を読むひとときは貴重なリラックスタイムになることでしょう。海外赴任に行っても気軽に読書を楽しみたい ――。そんな希望に応えてくれるのが、便利な機能が満載の電子書籍リーダーです。

用途に応じて「タブレット型PC」と「電子書籍専用端末」を選べる

海外生活で活躍する電子書籍リーダー

電子書籍リーダーは、アップルのiPadをはじめとする「タブレット型PC」と、アマゾンのKindleなどの「電子書籍専用端末」のふたつのタイプに分けられます。

「タブレット型PC」は、インターネットやメール、動画再生、仕事などの機能をタッチパネルでサクサクと活用できるツール。その機能のひとつとして、アプリを使って電子書籍を読 むことができます。ディスプレイはカラー液晶が使われているため、画像や動画、音楽と一体となったインタラクティブな電子書籍を楽しむことができますが、その反面、画面が明るく、太陽光を反射するため、文字を長時間追うと目が疲れてしまいます。

一方、「電子書籍専用端末」は、インターネットやメールの機能を備えたものもありますが、あくまでも電子書籍を読むことに特化して開発されています。ディスプレイには目に優し い電子ペーパーを採用している機種が多く、液晶に比べてバッテリーも長持ちしますので、長時間の読書にも向いています。そのほか、フォント(字体)を複数から選べたり、片手で読める文庫本サイズが開発されたり、“読みやすさ”を追求した作りになっています。

読書だけでなくPCとしても活用したいなら「タブレット型PC」を、読書をじっくりと楽しみたいなら「電子書籍専用端末」を、というように、用途によって適したタイプを選ぶとよい でしょう。

電子書籍リーダーならではのうれしい機能

電子書籍リーダーならではの機能は、まずは検索機能。キーワード検索をすることで読みたい文章に瞬時に飛ぶことができ、目次をタッチするだけでも目的の章に辿りつくことができ ます。

また、紙の本では「しおりを挟み忘れた!」ということも少なくないと思いますが、電子書籍リーダーはしおり機能を備え、どこで読書を中断したのかを端末が記憶してくれますので 、その心配はいりません。マーカーやアンダーライン、ふせんなどを簡単につけたり消したりできることも、電子書籍リーダーならではの機能です。

海外赴任者が電子書籍リーダーを活用するメリット

海外赴任者にとって特にメリットが大きいのは、やっぱりかさばらないこと。電子書籍リーダーがひとつあれば、数千冊もの本を保存して楽しむことができますので、引越しの際に書 籍の段ボールがいっぱいになることを避けられ、海外赴任先への引越し費用を抑えることができます。リロケーションの際、読まなくなった書籍を日本で売却してから赴任することもひとつの手です。

さらに海外赴任者にとって嬉しいのは、日本の電子書籍をオンラインストアでいつでもどこでも手軽に購入できること。海外から日本の通販サイトで紙の書籍を購入すると、注文して から手元に届くまで時間がかかり、配送料も余計にかかってしまいます。しかし、電子書籍なら端末からオンライン書籍に簡単にアクセスでき、購入手続きを終えれば、端末にダウンロードされた書籍をすぐに楽しむことができます。

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)