リロの留守宅管理 > 海外赴任・転勤ノウハウ > 海外出張中のペットのお世話はどうする?

「リロの留守宅管理」海外赴任・転勤ノウハウ vol.69
海外出張中のペットのお世話はどうする?

ご自宅でペットと一緒に暮らしている方にとって、長期的な海外赴任の場合には、ご自宅をリロケーションし、ペットも赴任先に連れて一緒に暮らすという選択肢があります。一方、 リロケーションをするまでもない短期的な海外出張の場合には、自宅を留守にしている間、ペットの世話をどうすればいいのか……。飼い主の悩みのタネかもしれません。

飼い主に代わってペットのお世話をしてくれるペットシッター

そんなとき、ペットシッターサービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。ペットシッターサービスとは、海外出張などで自宅を留守にし、どうしてもペットの世話ができない 飼い主に代わって、ペットシッターが留守宅を訪れ、ペットのお世話を代行してくれるサービスです。

散歩、食事の用意、トイレの処理などの基本的なお世話が中心で、毎日1時間からの利用が可能。基本的に専属のペットシッターがつくので安心感が高く、ペットにとっては慣れ親しんだ自宅で暮らせるため、親戚や知人に預けるよりも、環境の変化によるストレスを軽減することもできます。

ペットシッターの利用方法

ペットシッターを利用する際には、まずペットシッターのサービス会社に連絡。その後、ペットシッターが自宅を訪問し、毎日の食事内容や健康状態、トイレの位置、掃除 の仕方、散歩コース、毎日のお世話時間などの事前打ち合わせを行います。その打ち合わせ内容をもとに、見積もりの提示を受け、自宅の合鍵を預けます。

そのうえで、海外出張期間中のお世話がスタート。サービス終了後にはペットシッターがペットの様子などを報告書としてまとめ、合鍵を返却してもらいます。

設備・サービス充実のペットホテルも利用価値大

とはいえ、自宅の鍵をペットシッターに預けることに抵抗を感じる方もいると思います。そんなときには、近年サービスの充実が進むペットホテルの利用も選択肢の一つに あげられます。

ゲージタイプから部屋タイプまで宿泊施設の種類はさまざまで、24時間スタッフ常駐、ドッグラン完備など、ペットを安心して預けられるサービス・設備が充実。オプショ ンサービスとして、ペットの様子を画像配信等で確認できるサービスや、しつけ・トレーニング、トリミングなどを受けられるところもあります。

また、成田空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港などには、空港内にペットホテルがあり、海外渡航者の強い味方になっています。

ただ、ペットによっては環境が変わることでストレスを感じやすいこともありますので、ペットシッターかペットホテルかを選ぶ際には、ペットの性格や健康状態なども十分に考慮し てあげましょう。

サービスメニュー

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)