リロの留守宅管理 > 海外赴任・転勤ノウハウ > 「海外発送代行」で日本の通販商品を賢くゲット

「リロの留守宅管理」海外赴任・転勤ノウハウ vol.63
「海外発送代行」で日本の通販商品を賢くゲット

日本の通販サイトやオークションサイトが海外発送に対応していない場合、日本のご自宅をリロケーションされていると、送り先や転送手段に困ってしまいます。また、複数サイトで 商品を購入した場合、まとめて梱包して発送できればコストも抑えられます。

そんなときにおすすめなのが、「海外発送代行サービス」。これは、日本の通販サイトやオークションサイトで購入した商品を、第三者の専門業者が受け取り、EMS等を利用して海外の自宅まで転送してくれるサービスです。

リロケーションした日本の自宅に代わる“セカンドアドレス”

食品、化粧品、医薬品、衣料品、生活グッズ、書籍・CD・DVDなど、海外赴任中も購入したい日本の商品は多くあります。ネット通販やオークションのサービスが充実した昨今、海外からでも日本の通販を気軽に利用できる環境が整っていますが、一方で、海外発送に対応していないサイトもあり、「せっかくほしい商品が見つかったのに、海外まで届けてくれない…」というシーンも十分に考えられます。

「海外発送代行サービス」とは、いわば、リロケーションした日本の自宅に代わって、日本にセカンドアドレスを持てるということ。業者指定のセカンドアドレスを商品購入時に国内の送付先にすれば、商品が届き次第、業者が海外の自宅へ発送してくれますので、利用サイトが海外発送に対応しているかどうかを気にすることなく、ネットショッピングを楽しむことができます。

また、オプションサービスとして、複数のサイトで購入した商品をひとつの荷物にまとめて発送することもできるため、ヘビーユーザーの方は発送費用や受取の手間も軽減されます。

「海外発送代行サービス」利用のおもな流れ

利用する際には、まずサービス業者のサイトを通じて会員登録を行います。そして、日本の通販サイトやオークションサイトを通じて商品を購入する際、商品の送付先に業者指定のセカンドアドレスを記載し、オンライン上で業者に購入した商品の情報を伝えます。商品がセカンドアドレスに届き次第、業者から見積もりが届き、業者指定の決済方法で支払いを済ませれば、EMS等を通じて海外の自宅へ発送されます。

サービス利用の際の留意点

複数のサイトで購入した商品をひとつの荷物にまとめて発送する際には、オプション価格が発生し、荷物の預かり期間も業者によって指定がありますので注意が必要です。また、当然のことながら、日本郵便の禁制品や海外赴任国が定める輸入禁止・制限品を発送することはできません。業者によって対応国やサービス利用の手順、オプション内容なども異なりますので、利用の際には事前に業者に確認するようにしてください。

サービスメニュー

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)