リロの留守宅管理 > 海外赴任・転勤ノウハウ > トランクルームを賢く活用

「リロの留守宅管理」海外赴任・転勤ノウハウ vol.60
トランクルームを賢く活用

自宅をリロケーションする際、荷物を何から何まで海外赴任先に持ち込むのは何かと手間がかかります。ある程度、荷物を日本で保管しておけば、赴任時・帰国時の引越しの手間が省 け、リロケーション解約後のご自宅での生活もスムーズに始められます。

そんなときの強い味方になってくれるのが、「トランクルーム」。「トランクルーム」は運営形態などによって大きく3つに分かれますので、用途に応じて賢く使いこなしましょう。

トランクルーム

倉庫業法で定められた寄託契約(物品を預かる契約)に基づき、倉庫業者が運営するものです。業者には預かった物品に対する保証義務があり、利用者は物品の預かり料を業者に支払 います。定温・定湿など保管環境を整備したところが多く、家具や家電製品、楽器などの保管に適しています。警備体制も整い、荷物の出し入れには基本的には業者のスタッフが立ち会う一方、利用時間にも制約を設けているところが多くあります。

優良な施設と業務体制をもつ倉庫業者のトランクルームには、国土交通省が「優良トランクルーム認定」を与え、認定マークの提示が義務づけられていますので、信頼のおける業界選びの指針にすることができます。

レンタル収納スペース

建物やマンションの一室などを利用し、不動産業者が運営するサービスです。不動産賃貸借契約に基づくため、利用者はスペースに応じた賃貸料を業者に支払います。物品への保険が付与されないケースが多く、警備体制もトランクルームほど手厚くはないものの、荷物の出し入れや利用時間などに制約が少なく、自由度の高い利用が可能です。自転車や書籍、趣味の道具、衣類など、預けるものが保険をかけるほどのものではない場合や、リロケーション中に日本の家族や知人が自由に出し入れできるようにしたい場合におすすめです。

安心・安全なサービスを提供できる施設として推奨できるレンタル収納スペースには、レンタル収納スペース推進協議会が「推奨レンタル収納スペース」のマークを付与しています。

屋外コンテナ

レンタル収納スペースの種類の一つで、不動産業者が不動産賃貸借契約に基づいて運営し、屋外のコンテナボックスを保管場所として利用します。レンタル収納スペースと同様に、警備体制は緩いものの自由度の高い利用が可能です。物品への保険が付与されないケースが多く、屋外のため風雨や湿度などの影響を受けることもありますが、上記2つに比べてコストを抑えられます。アウトドア用品や工具、自動車部品などの保管に適しています。

いずれにおいても、業者によって保障体制や保管状況、収納可能な物品などが異なりますので、業者に確認のうえで保管場所を選ぶようにするようにしましょう。

サービスメニュー

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)