リロの留守宅管理 > 海外赴任・転勤ノウハウ > 海外生活のリスクをカバーする「海外駐在員保険」

「リロの留守宅管理」海外赴任・転勤ノウハウ vol.35
海外生活のリスクをカバーする「海外駐在員保険」

海外赴任で“海外で暮らす”となると、短期間の海外旅行とは違ったリスクも想定されます。そうした事態に備えるために、保険会社各社が用意しているのが、いわゆる「海外駐在員保険」。その内容を十分に検討のうえ、少しでも安心材料を増やして海外赴任をスタートさせることがおすすめです。

一般的な海外旅行傷害保険をベースに、長期滞在のリスクをカバー

まず、一般的な海外旅行傷害保険では、旅行中の「病気・ケガ」、「個人賠償責任」、「携行品トラブル」、「飛行機遅延トラブル」が主な補償対象となります。

「病気・ケガ」では、旅行中に病気やケガにかかって旅行先で治療を受けた際や、死亡、後遺症が残った場合に、治療費用や保険金が支払われます。病気やケガで入院した際に家族が旅行先に駆けつけた場合にも、その渡航費用などが補償されます。

「他人への賠償」では、旅行中に誤って他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊して損害賠償を請求された際に、保険金で補償されます。買い物の際にお店の商品を壊してしまった、といったケースなどがこれに該当します。

また、「携行品トラブル」では、カメラやパソコンなど身の回りの持ち物が壊れたり盗難にあった際に保険金が支払われ、「飛行機遅延トラブル」では、飛行機の遅延・欠航が原因で余計に発生した宿泊代や食事代などが補償されます。

こうした海外旅行傷害保険の補償内容をカバーするとともに、長期滞在の海外赴任者に必要な補償を特約として付帯させた保険プランが、「海外駐在員保険」です。「海外赴任者保険」、「海外出張保険」などと呼ばれることもあります。

主な特約として、「家族総合賠償責任」と「生活用動産」があげられます。

「家族総合賠償責任」と「生活用動産」とは

「家族総合賠償責任」では、一般的な海外旅行傷害保険で補償される「個人賠償責任」に加えて、その補償の対象外となってしまう住居の家主への賠償責任、および、住居内での来客者などのケガや物損に対して被保険者が負担する費用も補償されます。

たとえば、お子さんが自転車事故で人にケガをさせてしまった場合。火の不始末で借家を全焼させてしまった場合。自宅に招いたお客様のコートにしみを付けてしまったり、お客様が階段を踏み外してケガをしてしまった場合。こうした日常生活の中で起こってしまった事態に対して、「家族総合賠償責任」が補償され、治療費や保険金が支払われます。

「生活用動産」では、携行品に加えて、一般的な海外旅行傷害保険では対象外となる住居内の家財や身の回り品も補償対象となります。たとえば、住居を留守にしている間にカメラ、時計などが盗難にあったり、住居内でパソコンを落として破損してしまった場合などに補償されます。

また、病気やケガによる家族の危篤または死亡で急遽帰国する必要があった場合などに、緊急一時帰国費用として補償される特約もあります。

赴任する国の状況や家族構成、ライフスタイルなどによって必要な補償内容は異なってくると思いますので、保険会社の代理店にじっくりと相談して決めるようにしましょう。

サービスメニュー

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)