海外赴任先で国際電話を賢く利用|家を貸すならリロケーション・インターナショナルの【リロの留守宅管理】

リロの留守宅管理 > 海外赴任・転勤ノウハウ > 海外赴任先で国際電話を賢く利用

「リロの留守宅管理」海外赴任・転勤ノウハウ vol.23
海外赴任先で国際電話を賢く利用

海外赴任の生活が始まれば、日本にいる家族や知人と国際電話で話す機会も増えてくることでしょう。加入電話、携帯電話に加え、ここ数年でインターネット電話の利用も高まっています。ここではそれぞれの利用方法についてご紹介します。

海外赴任先で加入電話に申し込む

海外赴任先での加入電話の申し込み方法は赴任国によって異なりますが、通常は加入申し込み、支払い手続き、回線設置工事という流れで進みます。電話会社や設置先の状況によって設置工事費が発生し、合わせて保証金(デポジット)を求められる場合もあります。

申し込みから利用可能になるまでは、設置工事の内容によってある程度の期間を要します。その間に国際電話をかける際には、空港やコンビニエンスストア等で購入できる国際電話プリペイドカードや、クレジットカード支払いの利用がおすすめです。ホテルや公衆電話からでもキャッシュレスでかけられるので便利です。

携帯電話を利用する

日本で使っている携帯電話は、海外でも利用可能な機種であれば、国際ローミングによって赴任先でもそのまま使えます。

現地の携帯電話に申し込む際にも、固定電話と同様に保証金が必要になる場合があります。契約内容は概ね、日本と同じような月額制の料金プランと、チャージした分だけ利用可能となるプリペイド式があります。プリペイド式は一定期間を過ぎると電話番号が失われることもあるため、長期に渡って利用する場合は定期的にチャージを行なう必要があります。

また、加入電話の設置待ちの期間のみといった短期利用の場合は、G-Callなどが行なっている海外対応携帯電話のレンタルを利用するとよいでしょう。

インターネット電話を使えば通話料がお得

通話料を抑える上でおすすめなのは、skypeをはじめとするインターネット電話です。インターネット回線を用いて通話を行なうため、国際電話でも無料もしくは格安で利用できるとあって、ここ数年で急速に普及しています。

インターネット電話には、ヘッドセット等を利用してパソコンから一般の電話機(固定電話、携帯電話)にかけるタイプと、電話機から電話機にかけるタイプ、パソコン同士で音声通信を行なうタイプなどがあります。

たとえばskypeでは、スカイプユーザー同士であれば通話無料。パソコンはもちろん、タブレット、スマートフォンからも簡単に発信でき、Webカメラがあればビデオ通話も楽しめます。また、パソコンを起動せずに利用できるskype対応のコードレスフォンもあり、skypeに対応していない固定電話や携帯電話への発信も格安で利用できます。

その他にもアプリケーションやサービス会社がいくつかありますので、通話先の環境等も考慮のうえ、比較検討してみてはいかがでしょうか。


サービスメニュー


フォームでのお申込みはこちら

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)