リロの留守宅管理 > 海外赴任・転勤ノウハウ > 海外への引越しアドバイス(準備編)

「リロの留守宅管理」海外赴任・転勤ノウハウ vol.11
海外への引越しアドバイス(準備編)

海外にどんな荷物をどう送ればいいのだろう。
日本に残したい荷物もあるけどどうすれば……。

海外への引越しは日本国内とは何かと勝手が異なるため、引越しに慣れた方でも戸惑うことが少なくないでしょう。そこで今回は、その準備から発送・受取まで、海外引越しの流れや留意点を整理していきます。

引越しの段取り

海外引越しの大まかな流れは下記のようになります。

引越し業者の選定・申し込み

家財の仕分け検討
業者の下見・打ち合わせ・見積もり

船便発送荷物の梱包
通関用書類の作成・出荷

航空別送荷物の梱包
通関用書類の作成・出荷

倉庫・親戚等への国内預け荷物の手配
不要品の処分
機内預け入れ荷物・携帯手荷物の整理

業者の選定や下見・打ち合わせ、見積もり、梱包など、引越しにはさまざまな準備が発生します。異動シーズンの3月や8月、土曜・日曜・祝日などは混み合うことも予想されるため、引越し日の3カ月前には動き始めることが肝要です。

まず業者選びから始まりますが、海外引越し特有の通関手続きや万一のトラブル等にも確実に対応できるよう、海外引越しに精通した業者を選ぶことをおすすめします。
また、企業・団体によっては海外へ発送する荷物や引越し経費に規定を設けている場合もありますので、勤務先に事前に確認しておきましょう。

家財の仕分け

そして、家財をどういう手段で赴任先に送るか、あるいは国内に残しておくか。家財の仕分け作業です。海外に送るものは荷物の特性や使い道に応じて、船便、航空便、機内預け、携帯手荷物に仕分けしていく必要があります。

船便は出国の2?4週間前に発送し、現地での受取は赴任してから2週間後というスケジュールが目安です。一方、航空便は船便に比べて送料が高くなるものの、預けてから2週間以内に受け取ることができます。そのため、船便を基本とし、船便が届くまで生活をまかなえるように、航空便で台所用品、日用品、食料品、衣類等をバランスよく絞って別送するというスタンスで仕分けるのがいいでしょう。

ビザや保険・医療関係の書類、救急医療セット、医薬品、子どもの転学に必要な種類、教科書など、赴任後すぐに必要となるものは携帯手荷物へ。ノートパソコンやカメラなどの精密機器も携帯手荷物として持参します。赴任先によって電圧や周波数、プラグ形式が異なるため、電化製品は事前に赴任先の事情を調べたうえで持っていくかどうかの判断が必要です。

赴任期間が1?2年の短期であれば、帰国後に再び使いたい大型家具やピアノ、インテリア等は、国内の親戚等に預かってもらうか、トランクルーム等を利用して国内に保管する段取りを取りましょう。不要となるものについては、知り合いに譲るか、ネットオークションやガレージセール等で処分、もしくは専門業者等に引き取ってもらいましょう。

いずれにしても、赴任期間や赴任先の生活事情、ライフスタイル等を見極めながら、早い段階から荷物の仕分け作業に着手することをおすすめします。

輸入禁制品に関する留意点

武器、弾薬、銃器・火器・刀剣類、麻薬、危険な薬品、石油・ガス、ポルノ、ワシントン条約規制の対象となる物(象牙・珊瑚・鼈甲等)などは、いずれの手段でも海外に持ち運ぶことができません。

また、赴任する国・地域によって、宗教や動植物保護、産業育成等の理由により独自の輸入禁止・制限を設けていることもありますので注意が必要です。事情に精通した引越し業者等にも相談しながら、仕分けを進めていきましょう。

サービスメニュー

▼お電話でのお申込みはこちら▼

0120-989-870
9:30~19:30(定休日なし*年末年始除く)