記事検索
リロの留守宅管理 > リロケーション基礎知識

「リロの留守宅管理」
リロケーション基礎知識

カテゴリ:リロケーション

vol.141: 転勤になったら家はどうする?貸す、売るおすすめの管理方法について

転勤には、ある程度それが想定できているようなものももちろんありますが、会社員として働いている以上、避け難く、不意に転勤となってしまうようなこともあります。もしかしたら転勤があるかもしれないと思っていても、実際に転勤の辞令を受けたときの衝撃は大きなものです。Read More

vol.140: 家を貸す際の4つの注意点と正しい手順

転勤で家を離れなければならない場合、実家に住む人がいなくなり空き家になってしまう場合など、家を貸すという選択肢が出てくることがあります。Read More

vol.135: 海外赴任中にマンションを貸した場合の確定申告

転勤などで自宅マンションをリロケーションした場合、確定申告が必要になる可能性があります。しかし海外赴任となると、税務署へ出向くことも難しくなるでしょう。そこで今回は、海外赴任中に発生した不動産所得の確定申告について解説します。Read More

vol.134: 家を貸すときの家財道具処分の方法

転勤などによって家を賃貸する際には、家財道具のほとんどを持ち出す必要があります。しかし、引っ越しで持ち出すのが難しい家具や、次の住まいで使わない家電は、不要品として処分しなくてはなりません。Read More

vol.133: 転貸借とは?転勤時に家を貸すなら知っておきたい仕組み

転勤時の留守宅を賃貸する際に用いられているリロケーション。このサービスでは、よく転貸借という仕組みが用いられています。しかし、この言葉は一般的な賃貸契約ではあまり見かけない言葉です。Read More

vol.132: 転勤中のマンション賃貸!考えられるリスクと対処法

転勤中に、留守にするマンションを第三者へ貸すことは、立派な賃貸経営のひとつです。しかし、経営にはリスクがあって然るべき。注意しておかなくては、収支が大きくマイナスへ傾く可能性もあります。Read More

vol.131: 帰任時には注意!貸していたマンションの明渡しシチュエーション

転勤中、留守にする自宅マンションを賃貸するのは、非常に有効な不動産の活用法です。しかし、いつか帰ってくるという前提の場合には、いくつかの明渡しのシチュエーションを想定しておかなければなりませんRead More

vol.128: 賃貸管理会社に無料訪問査定のメリット・注意点は?

転勤中に留守宅を賃貸するのであれば、事前に収支計画を立てるなどのシミュレーションが大切です。この際に不可欠となるのが「実際の家賃」です。Read More

vol.126: 転勤時に友人・知人へマンションを貸す際に起こる問題とは?

転勤や海外赴任など長期的に家を開ける場合、同じタイミングで家を探している友人・知人に家を貸すことを検討するかもしれません。そのこと自体に問題はありませんが、相手が友人・知人だからこそ起こりうるトラブルを警戒する必要があります。Read More

vol.123: マンションの賃貸収益をアップするためのコツ

マンションの賃貸収益をアップするためにはマンションの価値を上げ、早期のうちに入居者を見つける必要があります。不動産会社のサポートも受けられますが、オーナー様ご自身でできることも少なくありません。Read More

vol.122: 賃貸管理にかかる費用は?転勤時に家を貸す場合の考え方

転勤に際し、現在の家を賃貸しようとお考えの方にとって気がかりなのがその費用です。そこで今回は、どのようなコストがかかり、最終的にいくらの収益が得られるのかについてご紹介します。Read More

vol.121: リロケーションで得た収入の確定申告はどうする?

リロケーションによって家賃収入を得た場合には、確定申告を行いましょう。きちんと申告をすることで、節税効果も見込めます。Read More

vol.120: 空室リスクにかかわる賃貸需要!リロケーションへの影響は?

リロケーションを行うに当たり、気になるのが「空室リスク」です。入居者様が決まらなければ、賃貸収入は得られません。そのため、1年における賃貸需要の傾向について、事前に把握しておきましょう。Read More

vol.119: リロケーションを利用するときの流れ

現在転勤の予定がある方はもちろん、会社に転勤制度がある方に向けて、リロケーション会社選びから赴任中、帰任後までの各行程を解説します。Read More

vol.118: リロケーションでリフォームは必要?転勤時ならではのメリットもご紹介

家を貸すならリフォームをしたほうがいいと考える方も多いかと思います。実際に一般的な賃貸物件では、入居者確保の戦略としてリフォームが積極的に行われています。Read More

vol.117: 転勤でもらえる手当・福利厚生とあわせてリロケーションで負担を減らせる!

転勤辞令を受けた際に気になるポイントとして、家計の負担増が挙げられます。とくに、現居を売却せず保持するといった場合には、二重の住居費を懸念される方も多いでしょう。Read More

vol.116: リロケーションでかかる一般的な費用は?

転勤中に留守宅をリロケーションする場合には、サービス提供者であるリロケーション会社に対して手数料などの支払いが必要です。また、自宅を賃貸する場合には、税金や必要経費もかかります。Read More

vol.115: リロケーション会社が行う賃貸管理の内容とは?

転勤中にリロケーションを利用して持ち家を賃貸すると、リロケーション会社による賃貸管理が受けられます。しかし、この賃貸管理の内容とは、具体的にどのようなものなのでしょうか?Read More

vol.113: マンションは貸す?それとも売る?転勤時の選択

転勤時に、マンションを“貸す”のか“売る”のかでお悩みの方も多いでしょう。それぞれに事情が異なるため、一概にどの判断が正しいとは言い切れません。Read More

vol.111: 公務員は転勤の際にマンションを貸せる?

公務員の副業は法律によって禁止されていますが、マンションを賃貸することに関しては一部例外を除いて可能です。転勤などの際に、自宅マンションをどう扱うかでお悩みの公務員の方に向けて、マンションの賃貸およびリロケーションの基礎知識を解説します。Read More

vol.110: 民泊と賃貸は何が違う?転勤の際に知りたい家の貸し方

外国人観光客の訪日が増えるなか、注目度が高まっている民泊。留守宅を貸して収入を得るという意味では、非常に優れたビジネスモデルです。しかし、これを転勤中に利用しようと考えた場合には、いくつかの懸念が生まれます。Read More

vol.109: 普通借家契約は帰任時にトラブルが起こりやすい?更新に必要な正当事由とは?

一般的な賃貸物件の契約で用いられる普通借家契約。しかし、こと転勤時において、普通借家契約は持ち家を賃貸するのに向きません。その理由は、自宅の明け渡しトラブルが発生する可能性があるからです。今回は、普通借家契約における帰任時のトラブルをご紹介します。Read More

vol.108: 持ち家を空き家にするリスクはリロケーションで解決

転勤時に持ち家をどうするかは、人それぞれに最適な選択が異なります。しかし、単に空き家として放置するのはリスクがありおすすめできません。こちらでは、持ち家を空き家にするリスクや、その対策についてご紹介します。Read More

vol.106: 持ち家は貸す?売る?転勤時に考えたい賃貸と売却の違い

転勤時には持ち家を売却すべきか、それとも賃貸すべきか……最適な答えは人それぞれ異なります。ご自身にとって何が正しい選択なのかを判断するために、今回は賃貸と売却の違いについて解説いたします。Read More

vol.105: 住宅ローン返済中でも持ち家は賃貸に出せる?転勤時に知りたい疑問

転勤が決まった際、気になるのは持ち家です。今回は、住宅ローンが残った持ち家を賃貸した場合、住宅ローンがどうなってしまうのかを解説します。Read More

vol.104: 持ち家の賃貸管理はどうすればいい?転勤時ならリロケーションがおすすめ

持ち家を賃貸する際、賃貸管理をどのようにすればよいかでお悩みではないでしょうか? とくに転勤といったシチュエーションでは、近くに住んでいないため、管理に悩まされがちです。Read More

vol.103: 借り手側のリロケーションのメリット・デメリット

リロケーションで転勤中に家賃収入が得られることは、賃貸人にとって大きなメリットです。一方、借り手側にとってもリロケーション物件には多くのメリットがあります。Read More

vol.100: リロケーション時の原状回復は必要?

リロケーションであっても、入居者には原状回復の義務が発生します。原状回復の基礎知識と、リロケーションにおける原状回復の考え方について解説します。Read More

vol.99: 長期の出張、転勤のメリットは?3年以上ならリロケーションのチャンス

出張や転勤自体をポジティブに捉えることは大切です。今回は長期出張・転勤の考え方や持ち家の扱い方についてご紹介します。Read More

vol.97: リロケーションで使われる一時使用賃貸借契約とは?転勤者におすすめの契約方法

将来的に帰ってくることが決まっている家を貸すのであれば、一時使用賃貸借契約がおすすめです。特徴やメリット、ほかの契約との違いについて解説します。Read More

vol.96: 家具は置いていける?リロケーション時の家財道具問題

転勤時など、自宅を賃貸する際はリロケーションが便利です。一般的な賃貸に比べ、帰任時にはスムーズに自宅へと戻れます。しかし、リロケーションを行った際、家具・家電はどのように扱われるのでしょうか。Read More

vol.95: リロケーション以外には何がある?転勤時の空き家活用法

「持ち家をどうしたらいいのだろう?」。転勤に際し、せっかく手に入れたマイホーム、売るのか貸すのか管理するのか――どの方法が最適か判断する材料として、今回は転勤時の空き家活用法を解説します。Read More

vol.94: リロケーションとサブリースの違いとは?

リロケーションとサブリースの違いについて解説を行います。また、不動産会社がサービスとして提供するサブリースと、転勤時の自宅を賃貸に出すリロケーションの比較もご紹介します。Read More

vol.93: リロケーション会社を選ぶときに覚えておきたい5つのチェックポイント

転勤の際でも、リロケーションサービスを活用すれば転勤終了後に以前のマイホームへとスムーズに戻れます。しかし、注意しなくてはならないのがリロケーション会社の選び方です。Read More

vol.92: 持ち家で賃貸経営!実は大変な自主管理のアレコレ

転勤時のマイホームを賃貸物件として活用しようという方は少なくありません。しかし、収益を重視するあまり「管理を自分でやろう」と考えるのはおすすめできません。Read More

vol.60: 海外赴任中の荷物保管には…トランクルームを活用するメリット

自宅をリロケーションする際、荷物を何から何まで海外赴任先に持ち込むのは何かと手間がかかります。ある程度、荷物を日本で保管しておけば、赴任時・帰国時の引越しの手間が省け、リロケーション解約後のご自宅での生活もスムーズに……Read More

vol.59: 帰国を機に自宅を全面リフォーム

海外赴任・出張から帰国後、リロケーションされたご自宅で心機一転、新しい生活がスタート。そんなとき、リロケーション解約手続きの一環で、原状回復やハウスクリーニングなどを済ませたとはいえ……Read More

vol.50: 海外転勤からの帰国準備~どうなる?持ち家の消耗~

海外赴任・出張を無事に終えたなら、久しぶりに生活するわが家をお手入れし、日本での暮らしを気持ちよく再開したいものです。Read More

vol.49: 住まいの帰国準備①~リロケーション解約~

「海外赴任・出張で日本を離れている期間中、日本の持ち家をリロケーションによって第三者に賃貸している際には、帰任に向けて賃貸契約の解約等の諸手続きが必要となります。Read More

vol.05: リロケーション前の準備

リロケーションによって持ち家やマンションに入居者を迎えるにあたって物件の準備・点検が欠かせません。リロケーションに向けて、オーナーが行う必要のある基本事項を整理しましょう。Read More

vol.04: 家賃収入にかかる税金はいくら掛かるか?計算方法と確定申告について

リロケーションによって月々の賃料収入を得る際、不動産所得として確定申告が義務付けられています。Read More

vol.03: ”リロケーション”基本用語集

リロケーションを検討するにあたって、「ん?」と疑問に感じられる不動産用語が少なくないと思います。基本用語の意味を紐解いていきましょう。Read More

vol.02: 急な転勤。持ち家をどうする?②

マイホームやマンションを個人に賃貸する場合、まず、間取りや築年数、地域ごとの相場などをもとに賃料を決めます。そして、入居者の募集です。安心して貸し出すことのできる入居者と出会うためにも……Read More

vol.01: 急な転勤。持ち家をどうする?①

念願のマイホームを購入し、家族と一緒に新しい生活がスタート。不動産の購入は人生にとって大きな買い物。その先にはそれぞれの豊かで楽しい暮らしが待っています。そんな矢先、突然の転勤を命じられたら……Read More